日本初!勝手に勉強する子ができる塾

落ちて泣くな!

泣いている子どもを慰めるお母さん

受験開始直後の怠惰

『落ちて泣くな!泣く程の事をやってねーだろ!!!』

これは私立で失敗した女の子に言ったセリフです。

涙目で受験の報告に来た女の子にこのセリフで怒鳴りつけました。

大泣きしちゃいましたね。

周りの空気は凍りつき,完全に私が悪者扱いでしたが…

でもいいんです。

本命は1ヶ月半後の公立入試だったので。

それにこの子はこの後は泣かなかったんですよ。

家で毎晩悔し涙を流していた事は知っています。

私に叱られながらも,詰めの甘かった勉強法を直し,必死にやってくるようになりました。

で,千葉高(千葉の最難関高)に受かっちゃいましたからね。

周りのみんなは驚きでしたね。

「え?あの子が受かったの!?」

って(笑)

模試でも一度もE判定以外取ったことありませんでしたから。

しかしぎりぎりひっかかったような合格にも関わらず,今では学年で真ん中よりちょい上,クラスで15位,模試では何科目か1位を取っているそうです。

失敗が成功を呼び寄せる

PHIでは受験の失敗談を載せていますが,私はこの子達が失敗したとは思っていません

最終的に勝っていますから

そうなるように教えてきていますから。

そういう教えがなされていない場合でも,親がカバーできます。

もし万が一,受験に失敗してしまったとしても,親として泣くべきではありません

子どもは泣かせて構いませんが,親が落ちたことを泣くべきではありません。

子どもが泣いたことに対して情動感染で泣くのは構いませんけどね。

その場合,子どもの悲しみに共感するから泣くのであって,落ちたことに対しては泣かないように。

落ちるのはいけないことではありませんから。

いけないのは,落ちたことではなく,それを活かせないときです。

大切なのは合否ではありません。

本当に大切なのは…

もうおわかりですね?

目先の合否ではなく,本当の意味での成功ができることを願っています(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書