日本初!勝手に勉強する子ができる塾

落ちて泣くな!

泣いている子どもを慰めるお母さん

受験開始直後の怠惰

「落ちて泣くな!泣く程の事をやってねーだろ!!!」

これは私立入試で失敗した女の子に言ったセリフです。

涙目で受験の報告に来たこの子に、このセリフで怒鳴りつけました。

大泣きしちゃいましたね。

周りの空気は凍りつき、完全に私が悪者扱いでしたが…

でもいいんです。

本命は1ヶ月半後の入試だったので。

それにこの子はこの後は泣かなかったんですよ。

家で毎晩悔し涙を流していた事は知っています。

私に叱られながらも、詰めの甘かった勉強法を直し、必死にやってくるようになりました。

そして千葉(千葉の最難関)に合格していきましたからね。

周りのみんなは驚きでしたね。

「え?あの子が受かったの!?」

って(笑)

模試でも一度もE判定、10%未満以外取ったことありませんでしたから。

しかしぎりぎりひっかかったような合格にも関わらず、今では学年で真ん中よりちょい上、クラスで15位、模試では何科目か1位を取っているそうです。

失敗が成功を呼び寄せる

ファイでは受験の失敗談を載せていますが、私はこの子達が失敗したとは思っていません

最終的に勝っていますから

そうなるように教えてきていますから。

しかし受験勉強しか見えていないと、それができない。

その場合、親がカバーしなければなりません。

どうすればいいか。

簡単です。

もし万が一、受験に失敗してしまったとしても、親として泣くべきではありません

子どもは泣かせて構いませんが、親が落ちたことを泣くべきではないのです。

子どもが泣いたことに対して、情動感染で泣くのは構いませんけどね。

その場合、子どもの悲しみに共感するから泣くのであって、落ちたことに対して泣かないように。

落ちるのはいけないことではありませんから。

いけないのは、落ちたことではなく、それを活かせないときです。

大切なのは合否ではありません。

本当に大切なのは…

もうおわかりですね?

目先の合否ではなく、本当の意味での成功ができることを願っています。

ご相談はLINE公式アカウントへお寄せ下さい(^^)/

E判定から大逆転する勉強法もタイムラインで流しています(≧▽≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書