日本初!勝手に勉強する子ができる塾

中学受験はいつから始めるべき?金づるにならないためのポイントとは。

子供のことで悩む親

ご質問

「中学受験を考えている小5の母ですが,色々な塾を見て回ってビックリしました。今からこんなに長い時間,塾に通わせなきゃならないのですか?」

中学受験の開始時期は?

受験勉強のスタートはどんどん低年齢化し,難関校を目指すのであれば,大手のほとんどの塾が遅くとも小4をスタートとしています。

普通に中学受験をする場合であっても,遅くとも小5から開始しないとカリキュラム的に間に合わない塾がほとんどでしょう。

これは中学受験で出題される範囲が,小6の1年間ではやりきれないぐらい広がってしまったためです。

つい数年前までは簡単に入れた学校も,今ではそうそう簡単には入れません。

本気で目標としている学校があるのならば,遅くとも小5からは本気で受験勉強に打ち込んで下さい。

小6からでは間に合わない?

もちろん「受験よりも大切なものがある!」というご家庭ならば,学校は偏差値ではなく,成績的にも将来的にも子供に見合った学校を選ぶことになるでしょう。

その場合は小6からでも十分間に合う可能性はあります。

大手の塾の本音

最近よくありがちな,他の習い事と塾との両立

これは大手の塾の場合,塾の先生は金づるとしか思っていません

うまい話をして何とかやめさせないようにしますが,実際は相手にされない事が多いのが現状です。

なぜなら本気で受かりたくて一生懸命やってくれる子の方が,実績になりやすいですから。

習い事もしていながら成績も取れているならいいのですが,そうではないのであれば,金づるになることを覚悟して両立して下さい。

優秀な子は特待生やら優待やらで安くなっていてお金をあまり取れません。

そのため実際にお金を取られているのは,ほどほどに教えている大多数を占める中下位層だという現実を忘れないで下さい。

酷い言い方をすれば,上位の子を通わせるためにお金を払わされているようなものなのです。

そのため,本気ならば中途半端に習い事を併用しながら中学受験をするべきではありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書