日本初!勝手に勉強する子ができる塾

「今まで勉強は暗記するものだと思ってた。」

合格ハチマキをして勉強するクマのぬいぐるみ

暗記と思考は、結論が一緒でも結果が異なる

塾生

「今までこんなに何で?何で?って聞かれた事もなかったから、考えた事もなかった。今まで勉強は暗記するものだと思ってた。」

他塾からファイに来た子はよくこのように言います。

聞くたびに、やはり受験のための教育は、知識の埋め込みに偏っているんだなと感じます。

知識として知っているのと、考えて理解するのとでは脳の使い方が大きく異なります

それゆえ、同じ結論にたどり着いたものでも、それに至るまでにどのような過程を通って来たかで、知識としての使い方が大きく異なってきます

例えばこのような問題はどうでしょうか。

上部は必ず間が開く不思議

問題

1998年に完成した当時世界一の吊橋、明石海峡大橋はケーブルを支えている2本の主塔の基部(根もと)の距離が1991m。ところが297m上にある塔のてっぺんでの距離は1991mと93mm。地面に垂直に立っているにも関わらず、上の方は93mmも開いてしまっている理由を説明しなさい。

誤差ではありません。

必然的にこうなるのです。

理由は地球が丸いから。

丸いボールに棒を立てれば、上に行くほど棒の間の距離が広くなっていく事がわかります。

これをこうやって教えられても「へー」となって、これで終わり。

これ以上発展させて考える子はほとんどいません。

しかしこれをこのように変えてみましょう。

ファイの問題

「明石海峡大橋の主塔の基部の距離は1991m。297m上の塔の頂上の距離はどうなるか求めなさい。

このように聞くと、

「なんで?同じじゃないの?」

から始まり、子ども達は様々な事を考えます。

もちろん大半は迷走したような解答。

しかしその迷走の過程で平行線の概念、円の概念、円周の長さなどを理解し、最終的には長さを実際に求める子まで現れます。

こうして得た知識は、単に「地球が丸いから」ではありません。

地球の半径も知らなければならないと思いきや、地球の周りの長さが分かっていれば、半径を出すことができます。

そして地球一周の長さは1mの決め方を知っていれば大したことありません。

このように様々な視点から問題を考えられるようになり、それこそ算数ではなくても様々な視点から頭を使えるようになるのです。

すると知識量は最低限でも、答えを導ける頭の使い方ができるようになるのです。

ところでこの問題、実際に解くと大変そうに感じませんでしたか?

実はこの問題、大して難しくありません。

おうぎ形の弧の長さの求め方をわかっていれば、小学生でも解くことができます。

中学受験の特殊算も、高校受験のテクニックも必要ありません。

でも、覚えることを勉強だと思っている子は、問題を見た時点で苦痛に感じて解こうともしないのです。

これも大きな差を生みます。

瀬戸大橋の橋げたの距離計算

大人はなにかと答えを教えたがりますが、子どもはそんな事望んでいないのです。

時間さえ許せば、子どもはこっちの方が楽しいのです。

ま、時間がないから詰め込み教育の塾がはやるんですけどね(^^;

従来の詰め込み教育に限界を感じているなら、ファイにご連絡下さい。

子供の疑問から一緒に学びましょう(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書