日本初!勝手に勉強する子ができる塾

新聞を読ませれば頭がよくなる?

新聞を読ませても頭はよくならない

新聞は読ませた方がいい?

答えはNo!

もちろんテレビ欄は問題外(笑)

では通常の記事なら?

実はこちらも読ませれば頭が良くなるわけではありません

こども新聞を始め、子ども用の時事はかなり出回っていますが、実は読ませるだけでは意味がないのです。

なぜ新聞を読ませても頭が良くならないのでしょうか。

新聞は読ませても無駄になる

ファイの他の記事をご覧になって下さっている方はお分かりだと思いますが、強制することに意味がないのです。

読みたければ読めばいい。

読みたくなければ読まなくていい。

読みたくないのに読ませても全く効果が得られないどころが、かえって嫌いになるだけです。

新聞は積み上がり、結局読まないまま古新聞へ。

よく、

お母さん

「読まないなら取るのやめるよ!」

という強迫を聞きますが、読んでいないならハッキリ言って無駄なので今すぐ取るのをやめるべきです。

しかし、新聞を読ませるのが無駄なだけであって、自分の意思で読むのであれば効果はあります。

親主導で強制的に読ませようとすることが無駄だと言っているのです。

読まずに束になった新文のイメージ

新聞を読むように仕向ける方法

新聞を読むとなぜ頭がよくなる?

活字に強い子になります。

文章はもちろん、漢字にも強くなります。

さらに社会に関する事項がたくさん出てきますので、地理公民、記事によっては歴史にも強くなります。

これらは当然時事問題の知識にもつながってきて、国語の読解や論文の力にもつながってきます。

結果的に中学受験、高校受験程度の社会科は、ほぼ新聞でカバーできるといっても過言ではないくらい、多くのことが学べます。

このように新聞1つで色々な分野に影響を及ぼしていくのです。

新聞はどう読ませるといい?

繰り返しますが、読ませるべきではありません

読むように仕向ける

のが正しい方法です。

そのため、この先に仕向ける方法を書きますが、ダメだと思ったらすぐに手を引いて下さい。

子どもによって性格も興味も違いますし、親の社会に対する知識にも左右されます。

新聞を読むようになるかどうかは子どもだけの問題ではないのです。

そしてすぐに読むようになるわけではありません。

ファイでもニュースに関心を持たせる教育をしていますが、早い子でも1ヶ月。

長い子だと2~3年はかかります。

まぁ長くなっても高確率で新聞が読める子にはなりますが、とにかく親の根気がいるのです。

暖かい目で見守る気持ちを忘れずに取り組んで下さい。

新聞を読む女の子

どうやって読むように仕向ける?

まず親が新聞を読み、その内容について夫婦や親子で話をすることです。

ただし子どもと話す場合には、子どもに理解させようと頑張らないように注意して下さい。

一番大切なのは、子どもに興味を持たせて感想や疑問を抱かせることです。

そのため、子どもが食いつきそうなつぶやきができるかどうか、がカギとなります。

お母さん

「4月1日(エイプリルフール)の発表だったし、『消費税アップは嘘でしたー』って言ってくれないかな~」

「来年トランプが再選なら日本は宇野(UNO)が総理大臣になったら面白いのに~」

「ストローもビニール袋も紙対応になるんだから,政府も神対応してくれればいいのになー子育て世帯の税金免除とか」

はい、ダジャレです(笑)

いつもこんなくだらないことばかり言っています。

塾生にも「はい出たオヤジギャグ(笑)」などと言われていますが、子どもが「何それ」と突っ込みそうなくだらないつぶやきでも構わないのです。

くだらなくても、日常にニュースのキーワードとなりそうな言葉を散りばめるだけで、子どもは興味を持つ機会を増やせます

それがいずれ新聞を読むことにつながっていくのです。

学校の授業の内容が薄くてびっくりした!

どんな新聞がいい?

圧倒的な人気を誇っているのは朝日小学生新聞ですが、別にこだわる必要はありません。

父親が読んでいる日経新聞を一緒に呼んでいる子もいます。

大人が読んでいる新聞でも、読めるならそれでいいのです。

ただ、理解するとなると大人の読む新聞は難しいので、解説がイラスト付きでしてあるこども新聞がわかりやすいでしょう。

もちろんこれは大人が読んでいてもわかりやすいので、むしろ大人が読んでいる姿を子どもに見せるのがいいのです。

子どもは大人が面白がって読んでいる姿を見て真似するもの。

子どもが興味を示すまで根気強く続けて下さい。

親に社会を語る程の知識がなければどうする?

これは決して問題ではありません。

むしろ子どもの社会を得意にするチャンスです。

子どもは親に勝ちたいと思う気持ちがありますが、親に絶対に勝てないと思うところは避ける傾向にあります。

その1つが社会。

どうしても、どれだけ社会が苦手だった大人であっても、社会に関わって生きていれば子どもよりも社会の知識は多く得ているはずです。

そのため親の社会の好き嫌いにかかわらず、子どもは社会を嫌いになる傾向があるのです。

親が社会好きで子どもも社会好きというのは、ほぼ例外なく親が強制せずに親自身が楽しんでいるケースですね。

そのため、社会ができないことに引け目を感じる必要はありませんので、堂々と「わからないから調べる!」という姿勢を見せてあげて下さい。

そして実際親自身がニュースを知ることで、子どもも知りたいと思うようになり、次第に自分からニュースを求めるようになってきます。

切替先生

親が聞いても理解できないニュースは子どももわかりません。そういうニュースは無理に扱わなくてもいいのです。親が興味を持てるニュースだけ話しましょう。もし偏りが出てしまう事や中学受験を意識して勉強につなげたいのであれば、専門家に頼りましょう。とか(笑)

ファイの保護者からは「社会が嫌いだった子のにニュースを気に掛けるようになった」といった話をよく聞きます。また子ども達も会話の中で「学校の社会がつまらないだけで、ファイの社会は面白いよ!」と話しているようです。もちろんこれは上記のような方法を使って地道に食いつかせているためです。特別なことと言えば、その子が好きな話題に絡めるようにしているぐらいです。それをできる先生がなかなかいないんですけどね(^^;

新聞にこだわる必要はない?

ありません。

テレビでもアプリのニュースでも、ホームページの記事でも何でも構いません

やたら新聞が押されていますが、実は新聞は電子書籍化の波に押されて大変なのです。

そのため生き残りをかけて「新聞はいいよ!」と一生懸命アピールをしている節があります。

もちろん新聞がいいというメリットもあるのですが、新聞でなければいけないことはありません。

親子で新聞を読むイメージ

子どもが既にニュースを毛嫌いしていたら?

諦めましょう!

新聞を見てくれるに越したことはありませんが、どうしても見る方向に持っていけないというのであれば、強制してまで読ませるものでもありません。

諦めて他でカバーする方法を考えた方が現実的です。

そもそも親がそれ相応の努力、強制する努力ではなく興味を持たせる努力をできない時点で子どもに興味を持てというのが無理な話なのです。

まずはファイの時事問題を見て、話せそうなネタから話してみましょう。

もしどうしても何とかしたいということなら親向けの時事問題解説講座があるので、それを受講するのもいいでしょう。

それが無理なら諦めた方がいいでしょう。

子どもだけ何とかしようなんて虫がよすぎる話なのです。

と辛辣なことを話しましたが、親が諦めたとたん子どもが興味を持ち始めるということは結構よくあること。

結局親がやらせようと思っているのを子どもが感じてしまうんですよね。

ご家庭で楽しく社会を身に着けられるように、強制はせずに一緒に楽しんで下さい。

難しければ、ファイへご相談下さい(^^)/

ファイのオンライン授業では親子一緒に授業を受けられるので、親子で楽しく楽しめますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書