日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

基礎英語はどれくらい使える?

英語の看板

NHKゴガク:基礎英語

基礎英語って何?

契約料問題で何かと話題も多いNHKですが、NHKがラジオで英語の授業をやっているのはご存じでしょうか?

親世代なら聞かされていた方もいるのではないでしょうか。

親の親世代までいけば、聞いていた方も多いでしょう。

そのラジオ英会話、基礎英語というのですが、今もあります。

NHKゴガクの種類
  • 小学生の基礎英語  小学生(月水金 18:35~18:45)
  • 中学生の基礎英語1  中1(月~金 6:00~6:15)
  • 中学生の基礎英語2  中2(月~金 6:15~6:30)
  • 中高生の基礎英語   中3(月~金 6:30~6:45)
  • ラジオ英会話 日常英会話(月~金 6:45~7:00)

以前はラジオのみでしたが、現在ではホームページからストリーミング配信を聞くことができます。

大体1週間分聞けるので、聞き逃しても、朝起きられなくても大丈夫(笑)

テキストもあります。

こんなテキストです。

以前はかなり堅苦しい感じでしたが、NHKも時代の流れを汲んできたのか、今風の内容になってきています。

始めるまでのハードルが高いと思いますが、なかなか精錬されていて、始めると意外と面白いんですよ(笑)

実用性は?

さて、そんなNHKラジオの基礎英語ですが、果たして実用性はどうなのでしょう?

実はかなり使えます

しかも私立中学では採用している学校も増えていますね。

10年ほど前までの基礎英語はそれほど面白みもなく、ラジオのみという事もあり、ラジオに縁の少ない今時の世代の人たちにはとっつきにくいものでした。

しかし今はインターネットで後から聞くこともでき、CD付きのテキストをネットで注文することもできますから、利便性がかなり良くなりました。

またテキストの内容や進行も今風に工夫されており、続けやすくなっています。

どう役立つ?

英語4技能と言われる、聞く・話す・読む・書く、全てバランスよく鍛えることができます。

以前はリスニング対策として、という感じでしたが、現在は内容も刷新されているため、しっかり使えば4技能全て鍛えられます。

英語を聞ける耳を育てるのは9歳まで?

実は英語を聞ける耳になるかならないかは、9歳までに英語にどのように接していたかによって決まると言われています。

9歳までに英語に日常的に触れる環境にいると、英語を理解しやすい脳が作られるというわけです。

では9歳までに英語に触れていない人は英語ができないのかというとそんなことはありません。

9歳以降でも習得可能です。

ただ、やはりそれ相応の練習をしなければ聞き取れるようになりません

そのための練習として使えるのがNHKラジオの基礎英語なのです。

書店のリスニング対策でもいいのでは?

リスニング対策というと多くのテキストが売られていますが、どれも英語を聞き取る能力を付けるのに必要な量を確保しているとは言えません。

やらないよりはマシですが、やはり付け焼刃感が否めません。

それに比べてNHKラジオの基礎英語は平日毎日あります。

たった15分ですが毎日です。

単純計算で年間約50時間分です。

しかもこれだけで1学年分。

3学年分使えば実に約150時間分の勉強をしたことになります。

実はこれ、学習指導要領における中学校の標準授業時間数を上回っているのです。

ということは、3年生になってから1~3年生用の基礎英語をまとめて勉強したとしても、学校で習う1年間分の勉強量に相当するということです。

書店にあるリスニング対策でこれほどの練習量を確保できるものはありますか?

探してみればわかりますが、基礎英語以外にありません

高額リスニング商材ならそういうのもありますが。

そう考えればNHKの英語はそれらと比べても圧倒的に安い!

これほどコストパフォーマンスに優れた学習ツールはありません

なぜ人気がない?

単純に宣伝してないからだと思います。

NHKラジオは利益追求のためにやっているものじゃありません。

逆に言えば利益を追求しなくてもやっていけます。

だから宣伝もしません。

他のリスニング対策教材は違います。

売れなきゃ潰れます。

だから必至で宣伝し、アピールします。

その宣伝費用が教材費になっているので、高くなるのです。

つまり、英語の勉強にお金をつぎこんでいるというより、高額な宣伝費にお金を払っているだけなんですね。

そういう意味では、英語物語っていうゲームは非常に優秀。

課金なしでも全然問題ない。

学ぶっていう部分に制限を付けていないところが個人的に好き。

ここから先は有料とか、無料版だと成績表が見られない、とかの制限ってよくあるじゃないですか。

英語物語はそういう制限がないんですよ。

学びとは関係ない部分に課金で制限をかけているだけなので、課金しなくても全然支障がない。

だからファイの塾生にも紹介しています(笑)

NHKって色々問題ない?

私も今のNHKのあり方には疑問を持っていますが、それはさておき、NHKラジオの基礎英語は素晴らしいものだと思います。

また、テレビの教育番組もドキュメンタリーもなかなかの質です。

塾に行ける子も行けない子も、本気で英語を勉強したいと思うなら、月500円程度のテキストだけで英語をしっかり学べるのですから。

どう活用すればいい?

さて、では基礎英語をどのように活用するのがいいのでしょう?

ちゃんと聞く!

一緒に発音する!

ただこれだけです(笑)

ちゃんとって言うのはただ聞き流す事ではありません。

ペンを持ち、メモを取りながら授業としてちゃんと聞くのです。

そして極力毎日やる!

最も平日しかやっていないので土日は聞けないのですが、そういう事ではなく、録音しておいたりCD買ったりしてまとめて聞いても効果が薄いということです。

毎日耳にする習慣が成績アップにつながるんですね。

完璧主義に走ると途中で力尽きる

1つ重要なアドバイスを。

完璧主義に走らないことです。

基礎英語は4月から始まって3月で終わります。

つまり今始めると学年の途中からという事になってしまいます。

そうすると「4月から抜けてる分も買わなきゃ!」

という方が結構いらっしゃるのですが、それはやめてください。

ちゃんと途中からでも入りやすいように構成されています

慌てずに、今のところからしっかりと始めて下さい。

そして、もし何かしらの事情で聞けなかった回などをちゃんと聞かなきゃなどと思う必要もありません。

ドラマじゃないんですから、抜けたって問題ありません(笑)

それよりもちゃんと継続して下さい。

そちらの方がはるかに重要です。

基礎英語も万能ではない

最後に基礎英語の効果について。

基礎英語はあくまで基礎英語です。

公立レベルには十分対応できますが、そこまでです。

応用力や復習の織り交ぜという点においてはやはり塾には敵いません。

リスニング対策には非常にいいのですが、ペーパーテストにまで使えるわけではないという事です。

結局書いて練習する量はそこまで多くありませんし、語彙の量もそこそこです。

応用、難関までは通用しません。

また、発音もラジオは聞いてくれません。

話せるようにするためには、誰かにチェックしてもらわないと、正しいかどうかわかりません。

しかしやらないよりはましなので、聞きながらしっかり発音するようにしましょう。

英語を何とかしたい方はぜひうまく活用してみて下さいね。

ファイでは基礎英語の使い方やアドバイスもしています。

また、英語のみに特化して教えることもできます。

基礎英語からステップアップしたい人、英語の勉強法にお困りの方はぜひご連絡下さい。

アドバイスするコールセンターの女性のイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書