日本初!勝手に勉強する子ができる塾

成績を伸ばす算数のノートの作り方:中学受験

黒板で算数を解く子

伸びるノートの共通点とは?

このポイントを一言で言うならば,

ノートを無駄に使うこと!

です。

よく女の子がやりがちな,ちびちび書きで成績を伸ばすのは大変です。なぜ大変なのでしょうか。算数の成績を伸ばすとは,できていないところを解明すること,だからです。どこで間違えたのか解明するためには見やすい方がいいですよね?それゆえ,広々と無駄に使う方がいいのです。もうちょっと具体的な書き方のポイントを挙げておきましょう。

伸びやすいノート作りの基本

  1. 勉強のスタートは必ず新しいページから
  2. 実施日・単元などは必ず書く!
  3. 行は1行ごとに空けて書く!
  4. 分数は2行にまたいでかく!
  5. 式は横にイコールでつなげずに,下に書いていく!

この5点を守るだけでも効果抜群です。先生にノート提出しても見やすいので,どこがわかっていないのか理解してくれやすくなります。

算数ノート

カラフルな方がいい?

色の使い分けに関しては賛否両論ですが,無駄に時間をかけなければ,カラフルなペンは視覚的に効果が高いのでありでしょう。また,マーカーは手軽に装飾しやすく,オススメです。

結論

人によって伸びるノートは異なりますが,自分に合ったノートであればどんなノートでも構いません。しかし自分に合っていないにも関わらず,気付いていない場合は伸びません。やはり一般的には伸びやすいノートというのはあるので,まずはスタンダードなノートを作れるようにし,そこから自分に合ったスタイルに変えていくのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書