日本初!勝手に勉強する子ができる塾

よくあるQ&A

PHIってどう読みますか?どういう意味ですか?

PHIは「ファイ」と読みます。ギリシャ文字のΦ「ファイ」という記号から来ており、この記号は数学では「空集合」(空っぽの状態)を意味します。通常は「1から教える」と言いますが、PHIではそれ以前の思考や性格にも関わる根本的な部分からの指導を目指しているため、「0から教える」ことを意味しています。また、英語のWhy(ホワイ)「なぜ?」とかけて、子どもたちの疑問を大切にする指導を表しています。

体験授業は実施していませんか?

ファイの最大のウリは「勉強法の指導と管理」「徹底した個別分析」です。これは授業を見学したところで伝わりません。そして授業に混ざってもらう体験授業ですと、すでに通っている子の気が散りますし、また先生も気を使ってしまいます。そのためまだ入会を決めていらっしゃらない方が混ざって授業を受ける体験授業はお断りしております。

入会前に学習法診断を実施し、お子様には何が足りないのか、PHIではどのような指導が可能なのかをご納得頂けるまでお話しいたしますのでご安心ください。

塾の雰囲気が合うかどうかを知りたいという方がいらっしゃいますが、PHIは仲良しクラブではありません。「勉強のやり方を身に着けて欲しい!」といった学習上の目的を第一としている方のための塾ですので、ファイの雰囲気に合わせていけるように,親子共に覚悟を決めてご入会をお願い致します。

なぜそんなに成績が伸びるのですか?

一般的な塾は「教室で勉強させる塾」です。
それに対してファイは「自分で勉強できるようにするための塾」です。

勉強というのはただ問題を解かせればいいだけではありません。ただ暗記すればいいわけでもありません。席につかせて勉強をさせるのは、自ら勉強するように仕向けるより簡単です。しかし、やらされている勉強は効率も悪く、伸びも期待できません。自ら勉強できるようになると、時間はかかりますが自分でやると決めた時の伸びは大きく、しかも継続的に勉強してくれるようになります。

そしてもう一つ。

ファイでは徹底的な勉強のやり方の指導と管理、そして答案の分析に至るまで、他の塾ではまず真似できないレベルまで子どもたちの状況を把握して指導しています。その上でお子様に最適な方法を選んで指導するので、5人中4人もの割合で自己ベストを達成するという伸びを実現できているのです。この割合は他の塾や教育関係者の方からしても驚異的な数字だというお褒めの言葉を頂いております。実際、ファイの教育システムは多くの方に支持を受け、塾や学校でも活かされています。

指導科目はどうなっていますか?

基本的には全教科指導となります。

一般的な塾とは異なり、ファイは教科の区分けをしていません。社会の経済分野の話から算数や数学に移ることもあれば、国語の話から理科に移ることもあります。子どもの興味は必ずしもテキスト通りとは限らないためです。

そのため、重点を置く科目は決めますが、基本的には子どもの興味に合わせ、科目にとらわれずに深堀りする形で授業を進めていきます。

算数のみの指導は可能ですか?

可能です。

ただし、算数さえ上がればいいという考え方は持ち合わせていません。そのため、科目を絞っても大丈夫かどうか総合的に判断致しますので、学習法診断時にご相談下さい。

国語のみの指導は可能ですか?

可能ですが、国語のみにするのは正直オススメしません。

よくご相談を頂くのが中高一貫対策の作文指導ですが、国語力というのは国語だけやっていれば伸びるというものでもありません。ファイでは国語の内容を精読し、そこに書かれていることを背景まで含めて完全に理解する形で読解力を身に着けていきます。

例えば、論説文のテーマが臓器移植に関わるテーマなら、臓器に関する理科としての勉強から、法律に関する公民としての勉強まで、幅広くカバーしていきます。明治時代を舞台とした小説文なら、その時代背景となる明治時代に関する歴史や地理としての勉強までカバーします。

ファイではこの方法により本質的な国語力の向上に成功していますが、これを国語だけの指導に絞ってしまうと、指導の融通が効きにくくなってしまう恐れがあります。指導内容によっては科目を絞っても指導できる場合もありますので、学習法診断にてご相談下さい。

過去問対策は可能ですか?

可能です。

ただ、過去問対策をどこまで突き詰めて指導できるかは、ご予算によって変わってきます。詳しくは学習法相談にてご相談下さい。

指導はどのような流れで進みますか?

基本的な流れとしては、実施したものを写真に撮って送ってもらいます。この解き方や出来具合をチェックしてアドバイスをしていきます。

わからない問題がある場合も、質問の場所を写真に撮って送って下さい。どうするか返答致します。

何をすればいいかわからない、何からやるべきかわからない、どうやって勉強すればいいかわからないといった、とりあえず困っていることをそのまますぐに送って下さい。どんな内容でも、どうすればいいかご相談に乗ります。

教場指導とオンライン指導の差はありますか?

学習法指導という観点からは、オンラインも教場指導もほとんど変わりません。簡単にオンライン指導のメリットとデメリットをご紹介致します。

メリットデメリット
いつでも質問できる
家庭学習を直接サポートできる
保護者の方も一緒に授業を受けられる
通塾の往復時間を有効活用できる
送迎にしばられずに生活できる
ルールに反した使い方をする可能性がある
簡単にサボれる
家の中が写ってしまう
問題等自分で印刷しなければならない
ネット環境を整える必要がある

デメリットにあたる部分は、うまく回せるまで保護者様に管理をお願いすることになります。つまり端末のセキュリティ管理と使用状況のチェック、実施した物の送付です。これがクリアできれば、オンライン指導の方が高い効果が得られます。

よって子どもにタブレットやスマートフォンを使わせても大丈夫な場合はオンライン指導、使わせたくない場合は教場指導をお考え下さい。また、性格的なものや特別な事情がある場合も教場指導を承りますので、ご相談下さい。

なお、オンライン指導を行っている方でも、教場にて学習法診断を受けることができます。

ファイのみで受験可能ですか?

可能です。

最初からファイのみで学んでいる子は、一見のんびり勉強しているように見えますが、勉強の質がとても高くなるため、受験期に空回りをせずに伸びていきやすくなる傾向があります。また、受験後の進学先で伸びていく傾向が強いのも、最初からファイで学んでいる子によくある傾向です。

また、最初は他塾と併用、受験学年ではファイのみにという方が多くいらっしゃいます。これは受験直前になると大手の塾では過去問やチェックテストをひたすらやらせているだけになるため、ファイで個別に行うことで、最後の逆転のチャンスを最大限に活かすことができるからです。

併用の子の指導はどのようになりますか?

まずどちらをメインとして指導していくかを決めて頂きます。

ファイをメインとして指導する場合、学習プランについてはこちらで決めて指示を出していきます。この場合、実質的な指導を他塾の方へお任せする形で費用を抑えることができます。

他塾の方をメインとする場合には、お通いの塾の授業を理解するサポートをしていきます。この場合、指導プランや戦略は他塾の方へお任せする形で費用を抑えることができます。

ファイの指導は一般的な個別指導とは異なり、ただ教えるのではなく、お子様の思考回路に無理のない解き方を考えることで、理解がしやすくなっていきます。同じ系列の塾ですら、指導方法が統一されていないことが多々ありますので、安易に決めずによくお考えになって下さい。

PHIは高い塾なのですか?

考え方次第だと思います。一般的な塾は指導時間で指導料が決まってきますが、ファイは指導負担で決まってきます。そのため、何時間指導するかではなく、どんな指導をするかで指導料が決まってきます。

例えば、日々の勉強のやり方の指導や質問対応程度でしたらそれほど指導料は高くありません。しかし志望校対策や学習管理、個々の状況に応じた指導の割合を増やしていくと割高になっていきます。

また、一般の塾は春期講習、夏期講習、補講に講座、教材費と大きなお金が年間何回もかかってきます。一見1月当たりの指導料が安く見えても、入ってみると追加追加で多額のお金がかかることは珍しくありません。実際通っている方でも、年間トータルでどれくらいのお金がかかっているかわかっていない方がほとんどなのです。

しかしファイでは年間通じて定額なため、×12が年間の指導料になります。そのため教育費の予算が立てやすく、受験学年では他塾に通わせた上の子よりも、結果的にファイの方が安くなったというお話もよく聞きます。

無料体験期間や割引サービスなどはありませんか?

PHIは安さをウリにしている塾ではありません。客寄せの為に安売りをする宣伝手法を否定するつもりはありませんが、PHIが徹底してこだわっているのは「質を追求した、他では真似できない指導」です。すでにお通いの方にサービスすることはございますが,安さや価格をウリに新規のお客様を客寄せすることは致しません。

ちょっと経済のお話しを致しましょう。無料サービスや半額サービスで客寄せをしている場合、その費用はどこから出ていると思いますか?長く通って頂いて回収するか、すでに通っていらっしゃる方の分をまだ入会していない子達の宣伝に充てているか、そのどちらかです。長く通って頂いて回収する場合は当然何か月以上通わなければならないなどの誓約があるはずです。そうでなければ我が子の教育のために支払った指導料が、無料講習などにより他の子の指導に回されている事になります。

ファイは入口で高く見えてしまうかも知れませんが、逆に入会後にあれこれと費用が膨れ上がっていくこともありません。価格ではなく、求めている指導に合っているかどうかでご判断下さい。

カテゴリー

著書