日本初!勝手に勉強する子ができる塾

渋谷幕張:算数(場合の数)

海浜幕張の海浜公園から見た幕張のオフィスビル群

渋谷幕張中の場合の数

渋谷幕張中の過去問指導をちょっとご紹介。

渋谷幕張の算数は一見難しそうですが,難しいのはどの数字を使うかが分かりにくい部分であって,情報さえ整理できてしまえば全然大したことありません。

解法を丸暗記をしている子には辛いかも知れませんね。

今回紹介するのは場合の数ですが,基本的に渋谷幕張は書いて整理するという方針はどの問題でも使えるテクニックです。

A,B,C,D,Eの5チームが引き分けのない勝負をした。既に1試合行われてその試合でAはBに勝っているとき,以下の問いに答えなさい。
(1)Aが全勝して単独優勝する場合は何通りか。
(2)Bが単独優勝する場合は何通りか。

渋谷幕張中の平成25年度の第2次試験の算数、場合の数

答え:(1)6通り (2)14通り

簡略化して要点のみ書きましたが,実際にはかなり長い説明で問題が書かれています。

そのため,初見で見ると何が書いてあるのかわからず,そもそも手が付けられない子もいます。

しかし,書き出して整理さえできれば全然大した問題ではないのです。

実際に子どもが解いたノートが以下のノートです。

渋谷幕張中_平成25年度_第2次:算数、場合の数

この子の場合も最初何を言っているかわからないと言っていたのですが,整理するように言うと,このように書いては修正し,を繰り返して正解にたどり着きました。

最後赤字の所が間違いに気づいていなかったためちょっとヒントを与えたところですが,それだけで解けています。

最初書き出すまでは「書き出し方がわからない」と言っていたのですが,問題文に表がありますからね。わからないも何も,手を動かして埋めていけるかどうかだけです。

このように最初の一歩が踏み出せずに解けていないことは結構あります。

この場合,解き方なんて教えなくても踏み出せることを教えて置けば他の問題も解けるようになっていくものです。

あれもこれも教えているとキリがありませんから,子どもがどこで詰まっているのかは正確に見極めてあげて下さいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書