日本初!勝手に勉強する子ができる塾

ポッキーはなぜ太いのと細いのがある?ポッキーの日に断面積と表面積を考える塾生たち。

花まると大変よくできました

今日はポッキーの日!ということでポッキーをプレゼントみると…

ポッキーの日を楽しむ塾生

「なんで太さが違うんだろ?」

「味が違うからでしょ」

「でも持つところ(クッキー部分)はこれもこれも同じのでできてるみたいだよ?」

「えーと,これはクッキーも味が違うから,これを比べればいいかな」

「太いと持ちやすいとか?」

「持ちやすさで選ばないでしょ(笑)」

「ちょっと食べてみよっ!」

「うん,触感が違う。」

「太い方がサクサクしてるよね。」

「折って断面みたら何か違うかな。」

「あ,太いと断面積が広くなるから,周りにつくチョコの量も増えるんだ!」

「あ,そうか!チョコの量を増やさないとアーモンドやイチゴのつぶつぶがつかないんだ!」

「細いやつにつけようと思っても,接する面積が小さいから落ちちゃうんじゃない?」

「だから太くしてるのかー」

ポッキーの日を楽しむ塾生

これらは小学生中学受験生)の会話です。ただポッキーを並べただけで,ポッキーの種類ごとの違いを考え出しました。漠然とした疑問からスタートしたので,途中少し誘導はしましたが,ほとんど自分たちで勝手に話して考えていました。

ポッキーから断面積と表面積を学ぶ塾生

ファイの子ども達はこういうことが日常的にある,ということもありますが,子どもは放って置くだけで割と色々なことを考えます。それをどの方向に持っていくか,それだけで子どもを勉強する方向に持っていけるのです。机の上だけが勉強の場所ではありませんよ(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書