日本初!勝手に勉強する子ができる塾

速さと距離の目安を身に着けておく必要性

新幹線,はやぶさとスーパーこまちの連結

速さは子どもにとって目に見えない!

速さの問題を解くときに,毎年とんでもない解答に出会います。

人の歩く速さが新幹線より速いとか,列車の速さが自転車より遅いとか,鳥が飛ぶ速度はカタツムリより遅いとか,枚挙に暇がありません。

さてそんな速度の間違え方をする子。

こういう子は速度の感覚が全くない,実感がないのです。

そこでぜひ実感させてあげて欲しいのが,以下の速さと距離。

ありえない速さの解答
ありえない速さの解答

実感させておくべき速さの目安

  • 人が歩く速さ:分速80m(時速4.8km)
  • 自転車の速さ:分速250m(時速15km)
  • 船の速さ:時速20~50km
  • 列車の速さ:時速30~60km
  • 自動車の速さ:時速30~100km
  • 新幹線の速さ:時速100~300km
  • 旅客機の速さ:時速800km
  • 音の速さ:秒速340m(時速1224km)
  • 光の速さ:秒速30万km(1秒で地球7周半)

あくまで目安なのでこの数字を覚えさせる必要はありません

大体これぐらいという実感を持つことができれば十分なので,乗ったとき,見た時に速さに触れるぐらいでいいでしょう。

目安にするべき距離

距離感覚もまた重要です。

あまりに突拍子もない距離を書かないようにするためには,やはり身近なもので距離の感覚をつかんでおくといいでしょう。

なお,以下の地図上での距離は直線距離になっています。

  • 自宅から学校までの距離(直線ではなく徒歩ルートで)
  • 自宅から駅までの距離 (直線ではなく徒歩ルートで)
  • 自宅から身近な都市までの距離
  • 東京から大阪:400km
  • 東京から北海道:1000km
  • 東京から沖縄:1600km
  • 地球一周:4万km
  • 地球から月まで:40万km
  • 地球から太陽まで:1億5千万km

そもそも地球1周を4万個に分割したものを1kmの長さとしているので,それを知っていれば地球1周の長さは印象付けられるはずです。

地球と月の距離も,光の速さで1秒ちょっとと覚えておけば大体の目安を出せますね。

また,地球と太陽の距離も光の速さで約8分と知って入れば,大体近い値は出すことができます。

早さが苦手は子は,まず身近なものから実感できる基準を持たせてあげて下さいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

東京,千葉,埼玉を中心に独自の教育論,常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾,家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し,子供たちへ勉強のやり方の指導を初め,親への接し方の指導,セミナー活動,高校や大学での指導,塾や学校の先生などの教育者に対する指導,動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書