日本初!勝手に勉強する子ができる塾

樺太(サハリン)はロシア領じゃない?

日本地図を指す先生

樺太(カラフト,サハリン)ってどこ?

樺太は歴史でも何度か登場してくる重要な島の1つ。

北海道の稚内(わっかない)の北にある島ですね。

しかしその帰属はテキストに出てくるたびに変わり,よくわからなくなっている子もしばしば。

そして現在はロシア領だと思っている方も多いはず。

しかし,実は樺太はロシア領ではないのです。

正確には,樺太の南半分,南樺太については「帰属未定地」となっているのです。

少なくとも日本の立場としては。

そのためちゃんと外務省のホームページにも載っています。

樺太の帰属の歴史と流れ

1644年:ロシア人が樺太は島であることを確認

これまで樺太は島であることは島民たちにはわかっており,ロシア人がアムール川下流から海峡を眺め,島であることを確認していました。

1689年:ネルチンスク条約

清(中国)とロシアとの間で結ばれた条約で,アルグン川(アムール川の源流)を国境とすることになりました。

樺太はアムール川の河口よりも南側に一番狭い海峡が来ているため,ロシアは樺太に手を出していませんでした。

1808年:日本が樺太は島であることを確認

清(中国)やヨーロッパは,樺太は島ではなく半島ではないかと考えており,ヨーロッパからの情報を得ていた日本も半島かも知れないと考えていました。

そこで,間宮林蔵(まみやりんぞう)らを派遣し,探検させたところ,島であることを突き止めました。

この記録をシーボルトがヨーロッパへ伝え,間宮海峡の名で樺太が島であることが伝わっています。

なお,島か半島かがこれまでハッキリしなかったのは,当時は測量技術及び移動手段,伝達手段があまり発展していなかったこと。

そしてこの海峡が冬の間は凍結して陸続きになり,徒歩でも横断できる状態になっているためです。

1855年:日露和親条約

日本とロシアが締結した条約で,下田,函館,長崎を開港し,国境は択捉島(えとろふとう)と得撫島(うるっぷとう)の間とし,樺太は両国の雑居地と定めています。

現在の北方領土問題でもたびたび出てくる条約ですが,この条約で択捉島までは日本の領土として認めていたことになります。

1875年:樺太千島交換条約

日本が樺太を放棄する代わりに,千島列島全島を日本領とする条約が結ばれました。

この時に交渉を担当したのが榎本武揚

交換しなければならなくなったのは,ロシアが樺太を流刑地としたため,犯罪が多発してしまったから。

さすがにこれはまずいという事で,日本は樺太を放棄し,代わりに千島列島全島を手にすることで合意しました。

1905年:ポーツマス条約

日露戦争の結果結ばれたポーツマス条約で,日本は南樺太(北緯50度以南)を日本領としました。

この時に交渉を担当したのが小村寿太郎ウィッテ

なおこのポーツマス条約で,日本は韓国の保護権,リャオトン半島南部の租借権の譲渡,南満州鉄道の利権,漁業権の譲渡を認めさせています。

賠償金を取れなかったのは有名ですね。

1951年:サンフランシスコ平和条約

第二次世界大戦後,ポツダム宣言を受け入れた日本は千島列島及び南樺太の権利を放棄しました。

なぜ放棄したのにロシア領ではない?

一見すると日本は放棄したのだからロシア領になったかのように見えますが,賢い子はここで気付くはず。

サンフランシスコ平和条約にロシア(当時ソ連)は参加していないのです。

つまり,日本は放棄したものの,だからといってロシアに権益が発生する根拠がないのです。

したがって,現在に至るまで,南樺太と千島列島がロシアに属すると認めた条約はない,だからロシア領ではないということになるのです。

北方領土はなぜ放棄したことにならない?

確かに日本は千島列島の権利を放棄しています。

しかし,千島列島には北方領土が含まれていない,という解釈をしているのです。

この根拠となるのが1855年の日露和親条約です。

この条約で,択捉島までは日本領であるとロシアが認めています。

そのため,択捉島までは日本固有の領土であり,それより北側が千島列島に属する島と考えられるのです。

もっともロシア側は古すぎて無効という言い分を持ち出しており,現在も解決に至っていません。

樺太についてはそこまで重要視されないものの,日本の歴史に割と関わってくる島でもあるため,機会があれば思い出して話題にしてみて下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書