日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

新中3:部活が終わってから成績を伸ばす方法

サッカー部の練習風景

部活が終わってから勉強でも間に合うのか

部活が終わってからでもうまくいくパターン

お母さん

「とりあえず部活が終わるまでは様子を見て、部活が終わってから塾に入れようと考えているのですが、大丈夫でしょうか?」

「部活が終わるまでは部活を一生懸命やってもらって…」という話を聞きますが、部活が終わってからで大丈夫なのは、

「部活が終わってから勉強」が成功するタイプ
  1. 勉強よりもスポーツ優先で入学できるところを志望している。
  2. その時の状況に合わせて志望校を変える予定なので問題ない。
  3. すでに両立できているので問題ない。

この3つのパターンです。

これに当てはまらない場合、待っていると手遅れになります。

部活終了まで待たず、すぐにでも勉強をはじめて下さい。

なぜ部活が終わってからでは間に合わない?

なぜ部活が終わってからではダメなのでしょうか。

「部活が終わって勉強に取り組むぞ!」と思っても、実際には部活だった時間は勉強時間ではなく、ボーっとする時間や睡眠時間などに変わってしまう事が多いためです。

これは時間の使い方を学んで来なかったために起こります。

そのため、せっかく部活が終わって一日中勉強できる貴重な時間をボーっと過ごしたり、誘惑に駆られたりということになるのです。

「部活が終わってから勉強を頑張って伸びた」という話を聞きますが、それは部活が終わってから勉強を頑張ったから伸びたのではなく、部活を頑張っていた時に勉強も頑張っていたから伸びたのです。

こういう部活が大変な時に、どのように生活をやりくりするかが、大きなポイントとなるわけです。

志望校は決まっていますか?

もし今の時点で漠然とでも志望校がある場合には、今のままの生活で志望校に合格できるかをよく考えて見て下さい。

今から半年、何も手を打たなければそのままの状態で中3の夏を終えることになるでしょう。

進路を考え始めたり、意識し始めたりするのであれば、勉強に対する姿勢を変えるのは今がチャンスです。

後になれば後になるほど修正は難しくなります。

今まで自分で勉強できていたから大丈夫?

現時点まで自分で勉強してきた子も安心できません。

中2まではどんな勉強方法でも何とかなってしまうこともあるのですが、中3で受験勉強が入ってくると崩れてしまう子も少なくありません。

また、学校の成績はよくても、やはり入試対策をして来なかった子と、やってきた子の差は非常に大きく、夏からだけでは現実的に間に合いません

特に平均以上の学校を目指している人は、難関になればなるほど入試対策をしていたかどうかが大きな要となります。

ほとんどの塾では本格的な入試対策は夏から行いますので、夏から入っていればギリギリ間に合う可能性はあります。

しかし夏も終わってしまうと、塾によりペースはさまざまです。

すでに春からスパートをかけ始める塾もあります。

そういう塾に夏から通うのでは遅すぎます。

受験対策に乗り遅れない方法

中2の段階から部活一辺倒を許さない事です。

しかしそれができているのなら、両立もできていることでしょう。

両立ができておらず、部活しかやっていない場合は、待つしかありません。

その際、部活がある間は最小限の勉強で、挽回できる要となる単元を押さえておくことが重要になります。

例えば、数学なら展開・因数分解の単元を落としてしまうと、後々挽回が効かなくなります。

このように、後から頑張って何とかなるところまでの底上げをはかります。

こうすると中3秋くらいまではテストの結果は伸びませんが、部活が終わった後から伸びる見込みを残せます

見込みが残っていれば、例え一時的に成績が下がったとしても、やりさえすれば上げることが可能ですから、部活が終わってからでも十分可能性をのこせます。

ところがこの見込みを残せるのがどこの単元なのか、は今までどこが抜けてきているのか、に左右されます。

がむしゃらに総復習すればいいというわけでもありません。

時間が足りなくなりますし、効率も落ちますからね。

そのため、しっかりと自己分析して、何をやるべきかハッキリさせておく必要があります。

もしハッキリさせることができないようなら、学習法診断をご利用下さい。

今の状況やするべきことがハッキリと見えてきますよ(^^)/

学習法診断バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書