日本初!勝手に勉強する子ができる塾

基本って何?天気の基本、本当にわかっていますか?

疑問を生徒に与える先生のイメージ

基本とは、簡単な問題のことではない

基本は大切!
基本はしっかり!

とみな口をそろえていいますが、その基本について、本当にわかっている方はどれだけいるのでしょうか。

簡単な問題だけ解けていれば、難しい問題も解けるようになるのでしょうか?

答えはNO。

簡単な問題をいくら解けても、難しい問題は解けるようになりません。

なぜなら簡単な問題と基本とは全く異なるものだからです。

ちょっと例をあげてみましょう。

これは小学生でもわかる気象の問題です。

一般的な基本問題の例

気温が下がると,飽和水蒸気量はどうなりますか。
ア:増える イ:減る ウ:変わらない

解答:イ

これは実際にサピックスのテストで出された簡単な問題です。

中学受験生ならば誰もが解けるはずの問題です。

しかしこれは基本とは言いません

単に簡単な問題です。

ファイで扱う基本問題はこんな感じです。

ファイの基本問題の例

気温が下がると飽和水蒸気量が減少する理由を説明しなさい。

実は気象の問題なんて、これの説明ができればほとんどの現象を説明できてしまいます。

しかしほとんどの中学受験生はもちろん、高校受験生ですら答えられません。

なぜならそういうものだと暗記しているから

なぜ気温が下がると飽和水蒸気量が減少するのか

なぜ気温が下がると飽和水蒸気量が減少するのか

実は全然大した原理ではありません。

例えば空気を白の玉、水蒸気をピンクの玉としたとき、気温が低いという状態は、白の玉の動きが鈍い状態であることを意味します。

気温が高くなると、白の玉が暴れまわります。

この中にある水蒸気(ピンクの玉)は、果たしてどちらの方がよく混ぜられるでしょうか?

当然気温が高い方です。

激しく動き回るということは、水蒸気の玉に激しく当たって弾き飛ばし、混ぜてしまうことを意味しますからね。

しかし温度が下がると弾き飛ばされにくくなり、仲間同士集まろうとします

これが水になって出てくる凝結と呼ばれる現象です。

温度が高いというのは、暴れまわっているという状態

気象の根本原理とはこれにつきます。

温度が高いと空気の分子が暴れまわるのです。

つまり、温度が高くなると暴れまわって体積が大きくなる。

体積が大きくなれば密度が小さくなるので、空気の塊は上昇する。

上昇気流で雲ができるのも、
寒気と暖気の性質の違いも、
海風も陸風も、
高気圧も低気圧も、
台風が発達する理由も、
温暖前線よりも寒冷前線が早い理由も、
やませが冷害を引き起こす理由も、

全てこれで説明できてしまうのです。

基本がわかっているかどうかを試すテストをもう一問やってみましょうか。

一般的な基本問題の例

山をはさんで空気が通過するとき、風上側よりも風下側の方が気温が高くなる現象を何というか。

解答:フェーン現象

これも言葉自体は中学受験、高校受験で必須の内容です。

しかしフェーン現象という名称を答えられても何の役にも立たないのです。

ファイの基本問題はこんな感じです。

ファイの基本問題の例

フェーン現象により、風上側よりも風下側の方が気温が高くなる理由について説明しなさい。

これも先程同様、全然大した問題ではありませんが、答えられない人が多いものです。

なぜフェーン現象で気温が上がるのか

ポイントはただ一つ。

水は温度変化しにくいということです。

つまり、温まりにくく、冷めにくい。

だから空気に水を含んでいると、温度変化が起こり辛いのです。

よって温度変化が起こりにくい風上側で雨を降らし、乾燥した温度変化が起こりやすい空気が山を下って来るから温度が上がりやすいのです。

1を聞いて10を知るのは頭の良さだけではない。勉強の仕方でも言えること。

このように根本原理が分かってしまえば、他の問題は知らなくても解けてしまう問題が多数あります。

もちろん暗記で挑むのがいけないわけではありません。

しかし記憶力勝負で勝てないと感じたならば方法を変えるべきです。

1を聞いて1すら覚えられない状態で受験に挑むのか。

1を聞いて10を考えられるようにして受験を終えるのか。

その差は受験後に大きな差となって表れます

限界を感じたならば、迷わずファイへご相談下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書