日本初!勝手に勉強する子ができる塾

メンソレータムとメンタームは何が違う?

メンソレータムとメンタームの違い

メンソレータムとメンタームは何が違う?

子供の疑問は学びのチャンス!

塾生

私が持っているリップクリームと、友達が持ってるリップクリーム。見た目も似ているのに名前がメンソレータムとメンタームってなってるのはなんで?

冬は唇が乾燥してリップクリームにお世話になる人も多いことでしょう。

子ども達もリップクリームを持っている子が多く、その中でメンソレータムとメンタームが似ていることからこんな疑問が出てきました。

冬は自然と話題になりやすいため、ネタとして話しておくと、実際の事例から商標権の仕組みについて学ぶことができるため、イメージしやすくなるでしょう。

メンソレータムってなに?

メンソレータムとは、看護師のロゴでお馴染みのリップクリームのことです。

スーッとする感触が独特ですね。

アメリカのメンソレータム社が作った商品で、名前の由来はメンソールとペトロレータムの造語です。

メンソールとはミントやハッカに含まれている成分で、メントールと表記されるものと同じです。

ペトロレータムとはワセリンのことで、その保湿効果は化粧品や美容品でお馴染みでしょう。

ワセリンは気孔の実験でも使いますね。

メンタームってなに?

主な効果はメンソレータムと同じです。

ただ、商標権の関係で「メンソレータム」という名称を使うことができなかったのです。

なぜ「メンソレータム」を使えなかった?

日本で最初にメンソレータムを取り扱ったのは近江セールズという会社でした。

近江セールズはメンソレータム社から販売権を得て、日本国内で製造、販売をしていました。

ところが近江セールズは倒産してしまい、メンソレータム社から契約を解除されました。

その後メンソレータム社はロート製薬へ商標使用権を与え、ロート製薬はその後メンソレータム社を買収。

つまり、近江セールズが製造・販売していたメンソレータムは、ロート製薬が全ての権利を手に入れてしまったため、再起を目指していた近江セールズが販売できなくなってしまったのです。

メンタームはなぜ生まれた?

近江セールズは事実上倒産という状況になりましたが、製造設備はまだあったため、それを活用して再起を目指すことにしました。

しかしメンソレータムは既にライセンス契約がないため販売できない

そこで目をつけたのが類似品

近江セールズがメンソレータムと契約して販売をすると、様々な会社が「〇〇メンターム」という名称の類似品を発売したのです。

近江セールズはこれに対して裁判を起こすも、「メンタームは既に認知されている名称であり、有効」という判決を受けてしまい、類似品に苦戦を強いられていたのです。

ということは、ライセンス契約がなくなった近江セールズが「メンターム」という名称で類似品を発売することに何ら違法性がないということになります。

ここに目をつけて「メンターム」として販売したのです。

まさにピンチを再起のチャンスに変えた事例ですね。

なお、近江セールズは現在「近江兄弟社」として存続しています。

さて、現状がピンチな中学受験、高校受験生。

ピンチは逆転のチャンスでもあります。

でもその逆転はただ待っているだけでは訪れません。

現状のやり方でうまくいっていないのであれば、「勉強しない!」という逆転の発想をしてみませんか?

ファイでは喜んで勉強禁止令を出しますよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書