日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

やる気はどういう時に育つのか?やる気を出して継続させる方法とは。

成績が上がらず涙を流す母親

やる気を出して継続させる方法

やる気が続かない

お母さん

「突然やり出したかと思ったら、またすぐに別のことの興味が移ってしまい、安定的に勉強してくれません。一度勉強から離れると、大体2~3週間は戻ってこず、またやりだすまでにしばらくかかるものの、1週間ぐらいするとまたやらなくなります。子どものやる気を出させて、それを続けるにはどうすればいいですか?」

日能研 小5女の子の母

中学受験をする子に多いのが、やる気がないわけではないけれど、やる気が続かないというものです。

やる気を出させる方法というと、学校を見学させるとか、制服を見せるとか、そういう話になりがちですが、それではやる気の継続までいかないので、根本的な話をしていきましょう。

以前やる気スイッチのお話しを致しましたが、成長するに従って外的要因も増えていきますからね。

子どもの性格も興味も様々なので、一筋縄にはいきません。

それでもある程度やる気を維持しやすい秘訣はあります。

やる気を育てるのは以下の5つのときです。

やる気が育つタイミング
  1. 親に褒められたとき
  2. 先生や友達に褒められたとき
  3. 集中して取り組んでいるとき
  4. 興味があるものを中断されたとき
  5. 何か新しいことを始めたとき

一つずつ見てみましょう。

コメント「相似で解けた!」

親に誉められたとき

やはり親に誉められるのはどんな子でも嬉しいものです。

わが子となるとついつい悪い所に目が行きがちで、あれこれと言ってしまいますが、子どもは親に褒めてもらいたくて頑張っているというのが一番多いのです。

本心からに「自分のために頑張っている」なんていう子はまずいません。

親に褒められたくて頑張って、褒められるからやる気が出る

実はやる気が出る一番多いパターンはこれなのです。

時々「他人が褒めてくれるんだから親は褒めなくていい」という方がいらっしゃいますが、今は他人も褒めてくれません。

褒めてくれたとしても、無責任な褒め方ですから、親の教育方針とは違う、変な方向へ頑張り出すことが多いのです。

やはり親が褒めるのが一番ですね。

よって、やる気が長く続かないときは、ちゃんと褒めて認めているかを確認しましょう。

先生や友達に誉められたとき

他人であってもやはり褒めてもらうのは嬉しいものです。

それが自分が慕っている人であればある程、嬉しさは増します

親が褒めてくれないというケースでも、こういう事があると頑張れるのです。

そのため、誰かに褒めてもらって喜んでいた時には、誰にどういうことで褒めてもらえて喜んでいたのかを覚えておくといいでしょう。

親が同じものを褒めても喜んでくれる確率が上がりますし、適切に褒めてくれる方が近くにいると、子育てが楽になるものです。

集中して取り組んでいるとき

集中して何か取り組んでいるときは、ドーパミンという物質が出ています。

この物質が出ていると快感に感じるため、同じ状況で快楽を得ようとしてやる気が続きやすくなります。

しかし、この物質が出る経験をあまりしていないと、出にくくなってしまうのです。

使わなくなって目詰まりを起こした泡せっけんのポンプみたいなものですね。

そのため、しっかり集中して取り組める何か、を用意してあげることが重要になります。

ドーパミンを出す経験を沢山している子は、集中しやすくなります。

するとそれが集中力の維持につながりやすくなるのです。

ただし、何に集中するかも重要で、あまり中毒性が高いものに集中してしまうと、のめり込みすぎて抜けられなくなります。

例えばゲームやYouTube、スマホがこれに当たります。

あまりに方向性が違うもので、中毒性が高いものには触れさせない方がいいでしょう。

興味があるものを中断されたとき

興味があって取り組んでいる事を中断すると、その先が気になって余計やりたくなります

特にゲームをやめなさいって言うとゲームを続けたくなりますが、これはゲームをしているときにアドレナリンやノルアドレナリンという物質が出され、さらに中断されることでストレスホルモンが出るからなのです。

これも体が覚えてしまい、またやりたくなってしまうのです。

そのため、子どもが楽しんでいるものを中断させるときは十分注意して下さい。

その中断が原因で、かえってそちらにやる気が向いてしまう事多いのです。

新しいものを始めたとき

何か新しいことを始めると、その時は一時的にやる気が出ます。

そのため、勉強に飽きたらまた新しい勉強、もしくは新しい勉強のやり方をしてみることで、橋渡し的にやる気をリレーすることができます。

これは新しいものに興味を失っていなければ何度でもやる気が出ます。

ただし、どれくらい新しいものに興味を示すかはその子次第です。

ちょっとした新しさでもやる気が出る子もいますし、全く異なる現実離れした新しさでやる気が出る子もいます。

そのため誰にでも使えるわけではありませんが、合う方法を探してやってみる価値はあるでしょう。

大切なのはバランスと組み合わせ

やる気には単発的なものから長期的なもの、強いものから弱いものまで様々です。

あの手この手でやる気の刺激を与えつつ、軌道に乗るまで待つしかありません。

ちなみに恐怖から生まれるやる気は、実は割と長く続きます

しかしそれから逃げてしまう子もいます。

逃げてしまえばそれまでですが、折れてしまうと手がつけられません

何をやってあげても裏目に出てしまって収集がつかなくなります。

そうなってから後悔しても遅いので、折れるよりも逃げる方がマシだというのは覚えておきましょう。

逃げている姿を見ると嫌になるものですが、逃げている間は自分の居場所を探している段階なので、精神的には大丈夫です。

もう相当昔の話ではありますが、私の生徒でも不良や暴走族になった子もいます。

どの子も、親に勉強を強制されてきた子ばかりです。

幸い勉強自体は嫌いでも、先生としては慕ってくれていたので、粋がっているレベルで人としてやってはいけない一線は超えませんでしたが、やはり一度折れるとなかなか勉強の世界には戻って来てくれませんね。

やる気を育てたい一心で、やる気を奪わないように十分気を付けて接してあげて下さいね。

ファイはこの辺を得意としていますので、中学受験を通して潰れてしまった子、潰れかけてしまった子はすぐにファイへご連絡下さい。

1年放置するだけで、どんどん復帰しづらくなります。

いかに早く気付いて対策を取るか、これが要なのです。

アドバイスするコールセンターの女性のイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書