日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

おこづかいの金額で子どもの育ち方が決まる!?

お金を求めるぶたの貯金箱

子どものお小遣い

お母さん

子供にお小遣いをあげようと思いますが、いつ頃から、いくらくらいあげるのがいいのでしょうか?

おこづかいをいくらに設定するかはご家庭により様々。

これに関しては家庭の方針もありますので、いくらあげるのが正解、というのはないでしょう。

しかしお小遣いの使い方については勿体ないと思うものもあり、せっかくなら学習に通じる使い方をさせたくありませんか?

というわけで、今回はそんなおこづかいのあり方についてお話しましょう。

小学生のお小遣いの金額と傾向

小学生はあげていないという家庭も割とあります。

もしくはあげても数百円。

千円以上与えている家庭はあまり聞きません。

大抵は欲しいと言ってきたときに、ご褒美として欲しいものを与えるご家庭が多いようです。

特に3千円を超すものに関しては、何か条件を付けてクリアしたら与えるなどの方法を取ることが多いですね。

おこづかいをもらっている子の傾向

子どもの傾向としては、おこづかいをもらっている子より、もらっていない子の方が甘ったれに育つ傾向にあります。

判断にしても発言にしても、大人度が低くなる傾向があります。

行動の内容や犯罪性はともかく、バカみたいに素直!というのもおこづかいをもらっていない子によく見られます。

おこづかいをもらっていない子の傾向

それに対しておこづかいをもらっている子は、割とシビアな考え方を持つことが多くなります。

シビアと言っても所詮小学生なので全然甘ちゃんですが、おこづかいをもらっていない子と比べると、ものに対する考え方にハッキリ違いが出る事はよくあります。

小学生で千円以上のおこづかいをもらっている子は、大抵買い物を自慢したり、他の子におごって歩いてたりしています。

社交性や人脈という意味ではそれもありかなと思います。

親が裕福で自信を持っている様子が子どもにも伝わるのでしょう。

虎の威を借りる狐状態になっている子は鼻をへし折ってやらなければなりませんが。

小学生にお小遣いは不要?

結論から言えば、数百円でもお小遣いは与えた方がいいでしょう。

これはお小遣いを与えることで、管理することを意識できるようになるからです。

お小遣い帳がその良い例ですね。

もちろんお小遣い帳でしっかり管理するのが理想ですが、大抵の場合、貯金に走ってしまいます。

残高が増えていくことが楽しくなって。

しかし、使い方を覚えさせたいので、残高を増やさせても意味がありません。

「貯蓄は美徳」という言葉が根付いている方もいますが、それは政府が戦略的に植え付けたキャンペーンですからね?

今は時代が違います

その時代を生きてきた人から「無駄遣い!」と言われてしまえばそんな気がするかもしれませんが、それはその人たちの時代の話であって、今は使い方がうまい人が得をする社会なのです。

子どもがどうお小遣いを使うかをよく見て、命令するのではなく、アドバイスしてあげましょう。

なお、千円以上上げるとあまりよろしくないみたいなことを書きましたが、それは周りの環境に左右されます。

周りも千円くらい与えているのであれば、優越感は生まれないので、自慢やおごるといったことにはなりません。

周りとのバランスによって決まる、というのを覚えておいて下さい。

小学生のうちに学ばせておきたいお金の仕組み

小学生はお金は稼ぐものだという感覚がまだありません。

使い方もわかっていません。

わかっているのは、お金があると色々好きなことができる、という事だけです。

そこで学ばせておきたいのが、お金は稼ぐものだという感覚を身につけさせること。

そしてお金(信用)で経済が回っているということです。

例えば、お手伝いをしたらお小遣いを上げるというシステムは、勤労に対する報酬に当たります。

働けばお金になるという感覚を簡単に身につけられます。

ただ、注意したいのは、お金をもらえないならやらない、という感覚を植え付けないようにしなければならないことです。

そのため、皿洗いをしたらいくら、お風呂掃除をしたらいくら、と決めるよりも、手伝ってくれたことに対しては大いに褒めておだててあげて、お小遣いは月末にまとめて渡す、といった感じでタイムラグを発生させるといいでしょう。

もちろんこの時も、何をしてくれたからいくら、といったノルマ制ではなく、純粋に「手伝ってくれて助かったよ!」という気持ちで、手伝いそのものではなく、お母さんを楽させてくれた対価、として与えるようにするといいでしょう。

もちろん家庭の教育方針は様々なので、ノルマ制を教えておきたければ、ガッツリノルマでお小遣いを決めても構いません

経済の仕組みについては、とやかく言うよりも、実際に使わせる中で学ばせた方がいいでしょう。

もったいないと思うかも知れませんが、机上で学ぶよりも、失敗して学ぶ方が賢くなります

そのため、親としては先回りして教えるよりも、自由に使わせて、それについて相談に乗り、フィードバックを与える方が経済に強くなります。

理想を言えば、自分が使ったお金がどこにどう流れているか、まで考えられるといいでしょう。

金額は使い方に合わせて変えていくようにすればいいのです。

学年に合わせるメリットはありません

中学生のお小遣いの金額と傾向

中学生ぐらいになると、千円以上もらっている子の割合も増えてきます。

そして面白い事に、おこづかいの金額と、ファッション性が連動してきます。

特に女の子。

筆箱の中身を見るだけで、おこづかいがいくらか予測できますからね(笑)

男の子は遊びやおもちゃに費やすことが多くなるようです。

最近はネットゲームの課金なんかも増えてきているようで、「いくら使った!」「マジで!?スゲー!」と言った会話もよく耳にします。

よくよく聞いてみると、やはり課金している子は強く、そのゲームの主導権を握っている子が多いみたいですね。

よくも悪くも、まさに今の経済社会の縮図ですね(^^;)

おこづかいをもらっていない、比較的少ない子は、成績や家事手伝いなどを餌に交換条件を提示されていることが多いので、それを目標に頑張る子も多います。

そのため、成績は割といい子が多いのですが、やはり考え方は甘い子が多いですね。

特に自分への甘さが目立つ傾向にあります。

逆におこづかいを周りより多くもらっている子は、付き合いが広い子が多いですね。

話を聞いていても、割とよく遊んでいます。

お金があるところに人は集まるという良い例でしょう。

勉強しないで遊んでばかりというのは、おこづかいが多い子の特徴とも言える傾向の1つです。

また、趣味にお金を使っている子もおこづかいが多くなります。

そのため、物の好き嫌いがハッキリしている子も比較的おこづかいの金額に比例します。

センスが良い悪いなどという話ができる中学生は、ほぼ間違いなくおこづかいが多いですね。

中学生のうちに学ばせておきたいお金の仕組み

基本的には小学生と変わらず、お金は稼ぐものだという感覚と、経済の仕組みについて学ばせるのがいいでしょう。

ただ、中学生なのでもう少し発展させて考えさせたいですね。

例えば、お金を使うことで、お金を稼げるという感覚を身につけさせることもできます。

つまり、消費ではなく、投資という考え方ですね。

「投資は賭博だ!」「金儲けは悪だ!」という話を耳にしますが、それは投資を賭博としてやるかどうかだけで決まります。

ファイでは投資についてもガンガン教えています

投資の話に子どもは食いつくのです。

そして投資のお金の流れが理解できれば、中学受験、高校受験程度の経済の説明は簡単に解いてしまうのです。

実際ファイの小学生たちは、高校受験の経済の問題を解いてしまいますからね。

テキストを用いた授業何て全くしていませんが。

先行投資、自己投資というのも立派な投資です。

中学生ぐらいになると、自分がやりたいこともハッキリしてきますからね。

塾代や習い事の月謝をお小遣いから払わせる

例えば、塾や習い事のお金、交通費などを全て自分のおこづかいから出させるといった自己投資の仕方もあります。

「習い事のお金って親が出すものじゃないの?」

いいえ、そんなことはありません。

子どもにお金の話をしっかりして、

「それでもやりたいなら自分のおこづかいから出しなさい。」

というご家庭も実は割とあります。

当然おこづかいだけではまかない切れないので、連動させる形でおこづかいを減らすか、お年玉から使わせるか。

もしくは講習や補講などのお金だけ負担させる、という形が多いですね。

状況にもよりますが、ファイでは推奨しています。

スマホの料金をお小遣いから払わせる

携帯電話、スマホの料金を自分で払わせているご家庭も割とあります。

子どもは携帯電話の料金には無頓着ですからね。

ついつい使ってしまうのですが、自分で支払わせることで、携帯の使い方も自分で制御できるようになる子が多いですね。

「それでもやりたいの?」
「それでも必要なの?」

と考えさせる事により、真剣に自分と向き合うきっかけを与えられるようになります。

このようにして塾や習い事を頑張っている子は、その習い事に対して割と自分でやっているんだという意識を持ちやすく、取り組みが前向きな子が多いのが特徴です。

ゲームの課金をお小遣いからさせる

携帯ゲーム、スマホゲームの課金もよくないみたいな風潮がありますが、あれは無制限に課金できる状況にあるので良くないのです。

お小遣いの範囲内で課金する分にはお金の使い方を学べますし、良い使い方と言えるでしょう。

課金したのにお目当てのアイテムが手に入らないとか良くありますしね。

塾代を出しているのに効果が出ないことに親が腹を立てる理由も良くわかってくれます(笑)

最も中毒者となるとそれ以前の問題なので、何を言っても入りませんが。

スマホゲームについて解説する塾生

この写真は、ファイの塾生がスマホゲームについての経済学を解説しているところです。

この子は公民の経済の半分ほどを、この経済学を通して勝手に学んでいます

特にテキストを用いて教えていませんが、点を取ってきますからね。

もちろんデメリットもあり、お金に対する考え方がゆがむ可能性も否めません。

「人よりお金」「お金が全て」という感じになってしまうこともあります。

しかし、「お金は大事」とは言いますが、お金の使い方を知った子の「お金は大事」は重みが全然違います。

お金が大事ではなく、お金は使い方が大事、になるのです。

そのために大切なのは、親子でお金の使い方、あり方について、ちゃんと話す機会を設けることです。

コメント「公民楽しい」

お小遣いの与え方に正解はないが、使い方には不正解がある!

たかだか数百円から数千円程度のおこづかいですが、そのおこづかいが子どもの性格や考え方に影響を及ぼしている事は間違いありません。

もちろんお金が全ての要因ではありません。

他にも周辺の要因が絡んできてこのような傾向が生まれます。

お金の教育は非常に難しい問題です。

「お金で苦労させたくない。」とお金を意識させない生活をさせていても、お金の使い方を知らないまま大人になり、結果的に苦労するなんて話はよく聞きます。

なお、欧米では小学生のお小遣いで日本円にして1万円とか2万円とか普通です。

そのかわり、自分が必要としているものは全て自分で支払わせることが多いようです。

おやつも服も文房具も教科書も交通費も全て。

欧米に習うのがいいわけではありませんが、日本のお金に関する教育は戦後から滞っています。

時代は変わっています。

これからの時代は、貯蓄よりも、おこづかいをいつ、いくらあげるかよりも、そのお金を何にどう使うか、それを学ばせる方が親としての責任が大きいのです。

お金の話は隠すべきではない

お金の話というと、「子供に聞かせたくない」とか、「稼ぐ話は汚いからしたくない」という親がいます。

それが間違っているとは言いませんが、時代が違うでしょう。

オンラインかが進み、今は子どもにもお金の流れが見えやすい時代です。

むしろ知らずにお金と接することでカモにされることすらあるくらいです。

そのため、お金とはどういうものなのか、その時が来たら、しっかりと子供も交えて話をし、考えさせる方がいいでしょう。

ちなみにファイでは、子どもにお金の話を聞かれた時は、しっかりと向き合って話すように心がけています。

授業料の話はもちろん、お父さんやお母さんがどこからそのお金を出してきているかまで。

子どもの話を聞きながら、考えさせています。

正直な実感としては、お金の話は難しくてほとんどわかってもらえません。

それでもなるべく、親が稼いできてくれたお金がどれだけ大切なものなのか、どれだけ大変な思いをして稼いでいるのか、お金よりも大切なものが見つけられるように話をしています。

先日の経済の授業でも授業料の話が出て、子どもとお金の話をしました。

そうしたら帰り道で色々考えてしまったらしく、泣きながら家に帰って、

「お母さんごめんなさい。」

と謝ってきたそうです。

聞いてみると、

「塾に通うのってみんなやってるし当たり前だと思ってたけど、自分のために通わせてもらってるんだって思ったら、なんか自分がやってた事が申し訳なくて悲しくなってきた。」

とのことでした。

子どもは結構しっかりと受け止めて考えてくれるものです。

お金はデリケートな話、子どもには難しい話、として避けずに、子どもにもしっかり向き合わせていくといいでしょう。

おこづかいのトラブルはLINE公式アカウントまでお寄せ下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書