日本初!勝手に勉強する子ができる塾

「サンド」は「はさむ」という意味ではない!

早期英語教育を受ける子ども

カタカナ英語は勉強になりやすい

  • カツサンド
  • ベーコンレタスサンド
  • たまごサンド

日本でははさんで食べるものを「~サンド」と呼んでいます。それゆえか「サンド」を「はさむ」と間違える子が多いのですが,「サンド」は「sand」と書き,意味は「砂」です。

  • サンドバッグ(ボクシングなどで使う殴る練習道具)
  • サンドペーパー(紙やすり)
  • サンドストーム(砂嵐)

などのsandです。sandにはさむという意味はないのです。

ではなぜ「sand」が「はさむ」の意味を持ってしまったのかと言いますと,「サンドウィッチ」からです。

これは諸説ありますが,サンドウィッチ伯爵が何か作業をしながらでも片手で食べられるものとして作らせたとされています。つまり人の名前が由来

このサンドウィッチの「サンド」だけが取り出されて,「~サンド」というパンではさむ商品が多数出てきました。これが「サンド」を「はさむ」と誤解するようになったきっかけでしょう。今では結構定着していますから,和製英語ですね。

英語が高度経済成長中

英語でも最近は「sandwich」で「はさむ」とう意味として使っているようですが,いわゆる日本でいうところの何でも使える「はさむ」に当たる語はないので,状況に合わせて使い分けています。

  • between 「~の間に」
  • behind 「~の後ろに」
  • catch 「捕まえる」

put ham between slices of bread 「パンにハムをはさむ」
to put in a word 「口をはさむ」
to hold anything with chopsticks 「おはしではさむ」
catch one’s finger 「ドアに指をはさむ」
put a pencil behind one’s ear 「鉛筆を耳にはさむ」

といった感じです。

和製英語はイメージしやすいいい面もあるのですが,間違った和製英語も割と存在しますので,勉強するときは気を付けたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書