日本初!勝手に勉強する子ができる塾

水の違いが文化の違いを生む!これを実感するだけで地理が好きになる\(^o^)/

熱中症対策で水を飲む子ども

硬水と軟水

硬水と軟水。

この違いを経験するだけで文化の違いを説明できるようになります

先日小学生の授業でフランスについて学習したのですが,その時に水の話をしました。

フランスと言えば日本とは全く違う硬水。

コントレックスという水を飲んだことがある方ならご存知でしょう。

ピンク色のパッケージでお馴染みのアレです。

重たいんですよね,あれ(笑)

でもこれが経験したことがない小学生には伝わらない。

先生
「フランスの水って,日本と違って重たいんだよ。」

子ども
「重たい???」

先生
「重たいって言っても重さが重たいんじゃなくて,なんか飲みにくいんだよね。」

子ども
「ねばねばしてるの?」

先生
「いや,水だからサラサラしてるよ。」

子ども
「サラサラなのに飲みにくいの?」

先生
「うん,なんか沢山は飲めない感じ。」

子ども
「胃もたれみたいな?」

先生
「いや,そうではなくて,喉を通りにくいという感じかな。」

子ども
「味が違うの?」

先生
「味はまぁ違うと言えば違うけど,やっぱりどっちも水。」

子ども
「???」

こういうのってどんなに頑張って伝えようとしても,経験したことがないと伝わらないんですよね。

でもこれがわかるとフランスの生活や考え方のスタンダードが理解できる。

残念ながら手元にコントレックスがなかったので,実際に体験させることができなかったのですが,なんと塾の帰りに子どもが

「コントレックス買って欲しい!」

と言ったらしく,帰りにスーパーによって購入し,家に帰ってすぐさま試して見たそうです(笑)

硬水軟水の違いを実験した時のLINE

コントレックスで硬水体験

この子は飲んでみた他,手を洗う,体を洗う,そして髪の毛の半分だけをコントレックスで洗うという対照実験も行い,ゴワゴワになる経験をし,「指が通らなくてひっかかる!」と言っていました。

女の子なのですが,PHIの子はどの子も非常に好奇心旺盛で,この子も早速色々試していました(^^)

テストに出るかどうかはともかく,こういう経験ってやはり机の上で文字だけ見ていても伝わらないので,とても大切なのです。

この子は水が日本と違うという事を体感しただけで,

  • なぜフランスでは毎日髪を洗わないのか。
  • なぜ欧米は香水がキツイのか。
  • なぜハイヒールを履いていたのか。
  • なぜ蒸し料理や煮込み料理が多いのか。
  • なぜワインや生クリームを使って,水を使う料理が少ないのか。
  • なぜ水より炭酸水の方が安いのか。
  • なぜドラム式の洗濯機が主流なのか。

といった硬水と軟水の違いからあらゆる事が関連付けられ,説明できるようになっていました。

「見て知ってる」のと「経験したから知ってる」のとでは雲泥の差です。

遠回りではありますが,こういう経験が巡り巡って,結局点数に結びついてくるのです。

経験は感性を育て,感性は知識を広げる。

机の上で知識を入れることも大切。

しかしその知識を経験に変える場も同じくらい大切なのです。

強制する必要はありませんが,遠回りをして色々経験させてあげることも無駄ではありませんよ。

お子様の好奇心を育てるのは簡単です。

PHIのブログを真似するだけ!です(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書