日本初!勝手に勉強する子ができる塾

歩数と歩幅の比の問題をどう理解させるか

足跡とワイキキビーチ

歩数と歩幅の比の問題は大人でも解けない

保護者の方が教えていても,よくわからない算数の問題の1つに歩数と歩幅の比の問題があります。もちろん解説はあるのですが,解説を読んでも何を言っているのかわからない,とのことです。

このタイプの問題をPHIでちょうど先日教えたので,その時の方法をご紹介しましょう。

実はほとんど何も教えていない(笑)

ノート「歩幅の問題の解き方」

これが歩数と歩幅の比の問題を教えたときのノートですが,教えたところは1か所。歩数と歩幅の比は逆比になる,というところだけです。

もちろんこれは「逆比だよ」とは教えていません。

先生
「A君とBさんって,どっちの方が歩数多いの?」

生徒
「A君」

先生
「てことは,どっちの方が歩幅が小さいの?」

生徒
「B君。あ,そっか。これ逆比になるのか。」

これだけです。歩数と歩幅の比の問題は初めてですが,これだけで解けてしまいました。難関レベルになるともうちょっと複雑な問題も出てきますが,基本的にはどこの比に着目すればいいか,だけわかれば解けてしまいます。

ここだけ真似しても子どもは理解できない

私の教え方と同じように別の先生が歩数と歩幅の比の問題を教えているのを聞いていましたが,同じ教え方をしても,その子は全く理解できていませんでした。

その先生も,なぜ私と同じやり方をしているのに子どもが理解できないのかと首をかしげていましたが,理由は簡単。私の教えている子は比の本質を理解しているのです。

その先生の子も比は理解していそうに見えますが,実は本質的なところを理解していないからこうなるのです。結論から言うと,この単元はほとんど教える必要ありません。比が分かっていれば勝手に解けるようになりますから。この単元が理解できていないということは,比の考え方が理解できていないのです。

よって,ご自宅で子どもに教えている場合,この単元がわかっていなければ,やるべきなのはこの単元ではありません。比の概念を理解するところからなのです。今やっているところに穴があるとは限りませんから,目先のことにとらわれずに子どもの理解度を見てあげて下さいね。本質的な理解度がわからなければ,学習法診断をご利用下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書