日本初!勝手に勉強する子ができる塾

鳥取?取鳥?暗記しない覚え方

疑問を感じている女の子

鳥取?取鳥?

毎年何人かは間違える鳥取問題。

そう,正解の順番は「鳥取」です。

これを覚えるしかないと思う方も多いのですが,漢字には大抵意味や由来があります。

それが分かれば暗記なんかしなくても覚えられます。

鳥取?取鳥?

なぜ鳥取?

鳥取の場合,鳥を取る仕事をしていた人たちが現在の鳥取のあたりにいて,その人たちは「鳥取部」(ととりべ)と呼ばれていました。

「部」というのは「~する人達」といった意味合いがあります。

部活動でも使われる言葉なのでイメージしやすいでしょう。

・サッカー部=サッカーをする人たち
・テニス部=テニスをする人たち
・野球部=野球をする人たち

といった感じです。

ここまで説明すると,子どもは

「鳥を取ってたんじゃね?」

と言い出します。
適当に言った答えですが,見事に正解なわけです。
「鳥を取る人達」⇒「鳥取部」です。

地名に「部」が入っているものは,職業を表していたものと考えられます。

春日部(かすかべ) ⇒ 春日山田皇女の料地管理
刑部(おさかべ) ⇒ 忍坂大中姫命の料地管理
矢田部(やたべ) ⇒ 狩猟を行っていた民族
日下部(くさかべ) ⇒草香幡梭姫の料地管理+和歌「日の下の草香」から

鳥取?取鳥?

また,先程の地名も元々はその土地の有力な豪族や部族が苗字を得て,それが地名になったものが多く,どちらかというと苗字が先行しています。

例えば,服部(はっとり)という苗字も元は機織部(はたおりべ)という職業から,服織部(はとりべ)と漢字と読み方が変わっていき,服部になったと言われています。

短絡的に丸暗記する勉強方法ではなく,意味を理解する勉強法に変えていきましょう(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書