日本初!勝手に勉強する子ができる塾

1つ間違えただけでここまで!?ファイの試験対策

〇のプラカードを持つ女の子

ファイの試験対策

「PHIではどのような試験対策を行っているの?」というご質問を頂いたので,お答え致します。

まず試験対策の開始時期。

PHIではおよそ1ヶ月前から試験対策を開始しています。

1か月前からまず行う内容は,学校のワークの完成です。
よくある「やっておきなさいよ」ではなく,PHIでは学校ワークそのものを持って来させて指導しています。

ファイのテスト対策と口頭試問

ワーク指導の内容

指導している主な内容は

  • 試験範囲まで終わらせているか。
  • ○×はつけているか。
  • 学校に提出して点が取れるやり方になっているか。
  • ×の所は理解できているか。
  • ×はもう一度解いてできるようになっているか。

です。

夏休みなので学校の授業もありませんから,1か月前には学校のワークを終わらせる事は十分可能でした。

夏休みではない場合は,基本的に学校の進度に合わせて完成させていきますが,PHIでは先取り授業を行っていますので,試験範囲と思われる所まで学校のワークを終わらせてしまう事もできます。

早期に完成させてより難しい,入試問題レベルに挑戦すべき子は早々に終わらせています。

チェックテスト

学校のワークが完成したら,次はチェックテストです。

チェックテストは学校の教科書に準拠している教材を使用しています。教科書に準拠しているため,試験範囲通りのチェックをする事が可能です。

このチェックテストを合格点を取るまで繰り返します。

その子のレベルやミスの具合などによって合格点を変えますが,基本的には目指せ100点です。

よく「チェックテストは簡単だから答えを覚えてしまって意味がない」という方がいらっしゃいますが,PHIで使用しているチェックテストは,教科書の発展的内容までチェックできるようになっているテストです。

また,試験範囲を数枚で片付くレベルではなく,大体1回の試験範囲で全科目合わせて50~80枚ぐらいになります。

単純暗記がよほど得意な子でなければ答えを覚えきれません(笑)

さらに,チェックテストの答案は1人1人,1枚1枚全て目を通します

そこで

  • 点数,所要時間の記録
  • 弱点分野の把握
  • ミスのパターンの把握
  • 理解が不足している部分の把握
  • 間違って解釈している部分の確認

などを行います。

PHIではチェックテストを実施後,採点,直し,まとめまでを1セットとしているため,子ども達も1枚1枚の答案を割と丁寧に直し,まとめ,見せに来ます。

答案チェックの時に本当に理解しているか,口頭で直接確認(試問)されますからね(笑)

例えばこんな感じです。
実際に指導したときの例をお話致します。

ケース1

社会の地理の問題で「排他的経済水域」と答える所を間違えていた子に対して。

先生
「排他的経済水域って何?」

生徒
「その国だけが経済活動を出来る海です。」

先生
「経済活動って何?」

生徒
「え?えーっと。経済活動だから…魚を捕るとか?」

先生
「それだけ?」

生徒
「えーっと…石油?」

先生
「そうだね,魚などの水産資源や,レアメタルや石油などの鉱物資源なんかもそうだね。では排他的経済水域ってどこまで?」

生徒
「200海里!」

先生
「何km?」

生徒
「約370km!」

先生
「そうだね。では領海,領空,領土って何?」

生徒
「領土はその国の土地で,領海は領土から12海里,約22km。領空は領土,領海の上空です!」

先生
「では排他的経済水域と領海の違いは?」

生徒
「排他的経済水域は,他の国は経済活動できないけど通る事はできます。領海は無害交通以外はダメです。」

こんな感じのやり取りが繰り広げられます。そのため,単純に間違えた場所だけ覚える付け焼刃なやり方では通用しません(笑)

ケース2

数学で,本当に理解しているのか怪しいと思われる子に対して。

先生
「なんでここの式,こう置いたの?」

生徒
「え?ここを求めたいから?」

先生
「そこを求めたいならこっちをこう置いてもよくない?」

生徒
「え?えーっと…わからないです。」

先生
「だよね。答えのやり方そのまま覚えてきたでしょ。」

生徒
「はい。」

先生
「それじゃこの問題しか解けないよね?なんでこういう解き方をしたのかまで考えないと。」

生徒
「はい。」

先生
「この問題を解いてきて下さい。」

生徒
「え?こんなにですか!?」

先生
「よくわかってないんでしょ?」

生徒
「でも時間が…」

先生
「このテストの問題が7分で解けたんでしょ?ならこれ全部やっても1時間もかからないでしょ。」

生徒
「はーい。やってきまーす。」

このような感じで,正解していても間違っていても,怪しいなと思う所は口頭で徹底的に確認していきます。

そのため,解答の丸暗記などのその場でしか使えないやり方は通用しません。いや,通用させません(笑)

学校のノートやプリントもチェック

もちろんベースとなるのは学校のワークと教科書準拠のチェックテストですが,それ以外にも学校の授業で配られたプリントやノートなどを元にテスト勉強もします。

基本的に学校の定期テストは学校の先生が作りますからね,やはり授業でやった事を押さえておくのは非常に重要なテスト勉強です。子ども達もそれがわかっているので,

「学校でこのプリントが配られた!」

とか

「これを出すって言われた!」

とよくノートを見せてきます。

テスト期間でもテストと関係ないことをする

なお,テスト期間であっても,子どもが望めば授業は脱線します。

最も子ども達もそれがわかっているので,テスト期間はテストの内容と関係あることを聞いて来ることが多いのですが,テストに出る出ないにかかわらず,子ども達の興味に合わせて授業をするスタンスは変わりありません。

それで試験は大丈夫なのかと保護者の方には聞かれますが,子どもが点を取りたいと思えば勝手にやるので問題ありません。

子どもがテスト勉強をしたいといえば,それを後押ししますし,普段から勉強のやり方を学んでいるので,やれば成績につながりやすいのです。

それに大抵の場合,テストの範囲を超えた質問が多いので,結果的により難易度の高い学習をしているのとかわらないのです。

実際5人中4人は自己ベスト更新していますし,その辺りは実績を見て頂ければお分かりになるでしょう。

ファイはオンライン授業もやっておりますので,勉強のやり方に不安がある方は学習法診断にお申込み下さい(^^)/

 ⇒ 他では真似できない!ファイのオンライン授業の特徴とその成果(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書