日本初!勝手に勉強する子ができる塾

テスト前とテスト後。大切なのはどっち?

子供のしつけに悩む母親

期待はいけない?

テストが近い子にとって,テストで何が出るかはとても重要な問題。親も何点くらい取って欲しいとか,何位ぐらい目指して欲しいとか,偏差値いくつは必要とか,色々期待を込めて接することと思います。もちろん期待することはいけないこととは言いません。期待を口にするなとも言いません。しかし,成績を期待すると,大抵希望的観測が入るため,実際には期待よりも悪くなることの方が多いでしょう。そのため,期待通りに行かないと「裏切られた!」という気持ちになってしまい,焦りが出ます。子どもも期待された点数を取りに行くことがことが大切と思えば頑張るのはテスト前だけになります。

「届かなかったね。」
「出なかったね。」

これらは期待に対する評価,反省であり,これで終わってしまいがちになります。しかし本当に大切なのは,その結果に対してどのように対処するか,という力のはずです。テストが終わりました。直しをしていません。これはまさにテストに結果を求めている象徴的な事例です。

もうすぐ定期テスト!

直しをする力が育てる大人の力

世の中に出て,何のトラブルも起こさず完璧に立ち回って仕事をできる人になれればそれに越したことはありません。しかし何かしらやらかすのが人であり,社会であり,生きていくということです。そんな時にどうするのか,これこそが本当に必要となる力のはずです。そしてこういう力は,この時期のテストからでも十分育てることができます。

小テストの直し,してますか?

塾に通っている子は小テストを散々やらされていることと思います。その小テスト,どうしていますか?テストの直しをしない子は,この小テストの時点から直しもしていません。逆に言えば,こういう小さいテストの直しをちゃんとできる子は,テストの直しもできるようになります

声掛け一つで考え方が変わる

小テストもテストの点数で話をするのではなく,直しの仕方を判断材料にして子どもと話してみましょう。テストの点数だけみて,「何この点数!?」と話せば,子どもは点数を重視しがちになります。「どこで間違えちゃったの?」と話せば,その原因を探るようになります

一時的に反省しても長く続かないというのも,点数重視の考え方が生む弊害です。結果が出てしまった後なので,今さら考えても仕方ないと思ってしまうのです。普段からテストの後にどうするかの方を重視する考えが身についている子は,割と長く反省を活かせるものです。

前と後,どちらの期間が長い?

テストの前と後の期間を比べると,どちらの期間の方が長いと思いますか?

大抵の子はテスト2週間前,早くても1か月前ぐらいしか意識しません。それに対してテストの後の期間は,次のテスト期間が来る前まで続きます。つまり,テストの後の期間の方が圧倒的に長いのです。

ということは,どちらを大切にしてテストに挑んだ方がいいか,どちらを大切にした方が結果的に伸びやすいか,もうお分かりになりますよね?

6月のテスト,7月のテストが終われば夏休みです。テスト前の期間は2週間から1か月程度テスト後の期間は2か月程度。長い目で見て,どちらを大切にする子が伸びやすいでしょうか?

テスト勉強のときの声掛けから何を重視して勉強するべきなのか,ブレないように子どもと接してあげて下さいね(^^)/

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

    カテゴリー

    著書