日本初!勝手に勉強する子ができる塾

ピグマリオン効果は本物か?ゴーレム効果との併用が大切?

花まると大変よくできました

ピグマリオン効果って何?

ピグマリオン効果。教育業界にいてこの言葉を知らない人はいないでしょう。それくらい有名な心理学的効果ではありますが,実際に有効活用されている例はほとんどありません。まずピグマリオン効果とは何かお話しましょう。

まずはピグマリオン効果とは何か。

教師の期待によって学習者の成績が向上する心理学的効果のことをいいます。サンフランシスコの学校で学力テストを行い,クラスを分け,「こちらのクラスは今後数か月間で学力が伸びていく子ども達を集めたクラスです。」と説明をして,指導にあたらせました。実際には伸びていく子ども達ではなく,適当に選んだ子ども達だったのですが,先生がこの話を信じて指導に当たったクラスは実際に成績が向上していった,というものです。

細かいことはともかく,結論だけ話しますと,先生が期待すると,子供はその通り成長していく教育効果ということです。

本当に効果があるの?

あります。ではなぜ実際の教育現場で利用されないのか?所詮教師も人の子だからです。何かしらの信念を持って教育をされている方達にはとても失礼な言い方になってしまいますが,自分が褒められずに育っている人は,人の子を褒める方法なんて知らないからです。

そしてそれは保護者である方々にも言えることです。ピグマリオン効果の逆で,
悪い方に期待すると,その悪い期待の方に向かってしまう効果ゴーレム効果
といいます。

「あんたこんな問題もできないの!?」
「いつになったらちゃんとした成績取ってこれるのよ!」
「これじゃどこも合格できるところなんてないじゃない!」

まさにこれがゴーレム効果を起こす可能性が高い,有名な親のセリフでしょう。そして,こんなことをいう先生があなたの周りにいますか?

そうです。先ほど先生たちは褒め方を知らないといいましたが,そんな事はないのです。塾の先生はバイトや教育の素人が多いので褒め方を知らない方がいても不思議ではありませんが,学校の先生は全員教育学で理屈は学んでいるはずなのですから,少なくとも率先してゴーレム効果を利用する先生はいないはずなんです。むしろほとんどの先生は期待が先行しているといっても過言ではありません。

満点取って切替先生を見返す!

なぜピグマリオン効果がうまく発揮されないのか。

学校ではピグマリオン効果を期待できる指導を施しているはずなのに,実際にはそれほど効果が見られないのはなぜでしょう。これはほとんどの場合,ご家庭でゴーレム効果を利用して,打ち消してしまっているからなんです。

そのため保護者としても,どのような言葉が子供を伸ばし,どのような言葉が子供を潰していくのか,考えた上で子供に声をかけて頂けたらと思います。どこぞの塾のように「やる気スイッチ」をぽちっと押せばいいなんて単純なものじゃないんです。いくら先生がスイッチを入れたって,家に帰ってOFFにしていては意味がないのです。

ゴーレム効果も活用できる?

ちなみに,ゴーレム効果を平然と使う先生もいます。私とか(;’∀’)

「俺に勉強させてどうするんだ!自分の頭で考えて来い!」
「お前のやっているのは勉強じゃない!時間の無駄遣いって言うんだ!」
「誰が手を速く動かせって言った!速く動かすのは頭だ!」
「模試でいくらいい点を取ったって,入試で受からなければ意味がない!」
「合格できるほどの勉強をしてないくせに,落ちてピーピー泣くな!」

などなど,卒業生によって切替語録が作られるほど,暴言を吐きまくります。もちろん計算済みです。なのでこういう場合は伸びる期待はしているためゴーレム効果には当たりません。最も受け手の問題なので,子どもが期待されていないと思えばゴーレム効果になってしまうので,割と高等テクニックではあります。

どういう原理かと言いますと,常に褒められているよりも,悔しさを持って頑張った上で褒められた方がピグマリオン効果が得やすくなるのです。そのため,這い上がってくるだけのバイタリティがあるのであれば,突き落とした方が伸びるのです。

ですが,言うタイミングを間違えると悔しさにならず,ただ落ちていくだけになります。バイタリティを見誤っても同様に落ちたっきり登ってきません。そして大抵の親はわが子フィルターが入っていて冷静に見ることができないため,期待のし過ぎで子どもを潰してしまいます

結局大切なのはバランス

ピグマリオン効果だけを期待して褒めまくればいいかというとそんなことはありません。一般的に無計画に怒る親が多いから褒めることが大切だよというためにピグマリオン効果が注目された節があります。そのため,叱るときは叱らなければならないのですが,成績に関するものの叱り方はなかなか難しいのです。本人に自覚がないと全く効果がありませんからね。そのためこういうお説教はプロに任せてしまって,ご家庭ではピグマリオン効果を純粋に活用できる方法を,せめてゴーレム効果を起こさない方法で接してあげるのがちょうどいいということです。

注意点

ピグマリオン効果にせよ,ゴーレム効果にせよ,心理学は絶対ではありません。あくまで一般的にはその傾向があるというだけの話であり,個々の状況によって適切な対処法が変わってくることが多くあります。そのため,どれが正しくてどれが間違っているなどというものもありません。大切なのは,無計画な怒りで子どもの伸びる芽をつぶさないようにしましょうということです。PHIではお子様との接し方の相談も受け付けておりますので,お子様との関係がうまくいっていない場合はコメントでも問い合わせでもご連絡下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書