日本初!勝手に勉強する子ができる塾

子どもに「はい」と言わせる超簡単な方法。

子供の勉強を見る母

最高に簡単なテクニック:復唱

以前しつけについての話をしました。

 ⇒ ダメなしつけ方と、習慣化させるしつけ方の違い

今回は具体的にどのようにすればいいかをお話致します。

一番手っ取り早いのが『復唱』です。

復唱というのは、相手の話を繰り返すこと。

例えばこんな感じ。

時間通り帰って来なかった言い訳に対して

お母さん

「なんで時間通り帰って来なかったの?」

子供

「だってゆう君に物を取られて返してくれなかったから!」

お母さん

「そう、ゆう君、返してくれなかったの。」

お手伝いを忘れた子に対して

お母さん

「どうして洗濯もの取り込んでくれなかったの?」

子供

「帰って友達とLINEしてたら忘れちゃった。」

お母さん

「そう、LINEしてて忘れちゃったの。」

こんな感じで子どものセリフを復唱するだけです。

子どもは全く同じことでも、復唱されただけで「理解してもらえた!」と感じるものです。

そして復唱すると、まず間違いなく次のセリフは、

「うん。」

とか、

「そう。」

という、肯定の返事になります。

この肯定の返事をさせる事が重要なんですね。

まずは肯定を引き出す

肯定の返事というのは、続けると次も肯定しやすくなります。

心理学ではイエスセットと言う手法なのですが、イエスと答える質問を続けて行い、最後にお願いをすると、イエスと言いやすくなるというものです。

子どもが言い訳をした時点では、返事は「ノー」。

つまり、何を言っても受け入れる気はないという事です。

しかし、復唱して「うん」と肯定させると、そのターンで「イエス」を言った事になります。

あとは同じことを何回か繰り返して、子どもに肯定の返事を3回ぐらい誘導したところで、「こうして欲しい!」というお願いをすると、

「うん、わかった。」

とアッサリ言ってくれます(笑)

反抗期でも結構通用します。

余程ひねくれていなければ、これが一番手っ取り早くて簡単です。

復唱なら何も考えなくてもできますからね(^^)

なお、これですぐに言うことを聞いてくれるようになるわけではありません。

子供に納得させることを繰り返していくことにより、自分の言葉に対する責任感を植え付けていきます

それまで地道にコツコツと行うことが大切。

子どもの教育は力ずくでやればいいものでもありません。

ファイのブログでも沢山公開しています。

特に心理学のタグの記事は、

「こんなに簡単に子どもが変わるとは思わなかった!」

と大好評!

ぜひ試してみて下さいね。

上手くいかない人は、保護者の方への勉強、教育コンサルも行っていますので、ぜひご利用下さい(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書