日本初!勝手に勉強する子ができる塾

学校の先生がどうしてこんな事を言えるのでしょうか…

NGのカードを持つ女性

レベルが低い学校には行く意味がない!?

私は塾を経営していますが、高校や大学でも指導に携わっていますので、一般的な塾の先生よりも公教育を理解しているつもりです。

塾と学校は対立関係にあると思われがちですが、私は対立しているとは思っていませんし、役割も全然違うと認識しています。

私個人としても学校の先生をやっている友人が多いため、理解する立場を取る事はあっても、公教育の批判に同調する事は滅多にありません。

が、今日は批判させて頂きます。

あくまで一教師のことであって、学校の先生みんながこうだという訳ではありません。

一部こういう先生もいるというだけです。

こういう先生にあたってしまう子もいるため話しますが、そこをご理解の上、ご覧ください。

以前ファイで教えていて、中2の最後に引っ越してしまった中3の女の子の保護者の方からのご相談です。

それについて先日学校の面談があったようで、そこで中学校の先生にこう言われたそうです。

「そこは高校とは言えない。行く意味もない。君は行ける高校はない。」

誇張ではなく、実際にはもっと酷い言い方でした。

学校の教室のイメージ

心無い先生が少なからずいるのは事実

なんで自分の生徒をこんな風に言えるんですかね。

確かに成績はお世辞にもいいとは言えません。

でも素行が悪いとか、他の人に迷惑をかけるとか、そういう事はする子ではありません。

どちらかというと他の子の様子を伺いながら生活している気の小さい子です。

勉強も、できないなりに頑張っていました。

今まであまりにやらなさすぎたので中2から頑張ったものの、成績に結び付くような結果は出せていない子でした。

そりゃそうでしょう。

分数も方程式もできない子が一次関数とか確率とかできる訳がない。

それでも提出物はちゃんと出してましたし、「高校には行きたい。」と少しずつでも取り戻そうと頑張っていました。

しかし学校の先生は「行ける高校がない」とバッサリと切り捨てました。

保護者の方も色々考えており、

「○○高校ならどうですか?」

といった話をしてみても、

「そんな所、高校とは言えませんよ。行く意味あるんですか?」

と。

さらに

「どうすれば?」

という相談に対しては、

「まぁ何とかなりますよ。」

と。

どうすればいいとか、この高校ならとか、そういう話は一切なく、「何とかなる」

ただそれだけ。

だからどうしていいかわからず、私に相談してきたという訳です。

やる気を失った中学生のイメージ

繰り返しますが、この子は素行不良とかそういう事はありません。

実際内申点もテストの点数の割にはかなりいいのです。

提出物は頑張ってますから。

学力に難があるだけです。

学校の先生には学校の先生なりの言い分もある事でしょう。

しかし保護者が考えて選んできた学校に対して

「そんなところ高校とは言えない。」
「行く意味がない」

そんな言い方あるでしょうか?

いくらレベルが低くても、ちゃんと高校卒業資格が得られる認可した高校です。

この高校よりさらにレベルの低い学校もあります。

希望している学校は大学へ進学する子供もいる普通の高校です。

それを学校の先生がそんな言い方しますか?

学校の先生だけの問題ではない

この話を聞いたらほとんどの方は「学校の先生なのに酷い。」そう考えるでしょう。

しかし「親」として、同じ事をやっていませんか?

上記の話の「学校の先生」の部分を「親」に置き換えてみて下さい。

あなたには当てはまりませんか?

ここでは学校の先生の発言を取り上げましたが、保護者が子供に同じ事をしている場面にもよく遭遇します。

学校の先生だからこそ、こういう発言をすべきではない。

しかし親だから子供にこういう話をしていいわけでもありません。

いえ、親だからこそ、こういう発言をすべきではないと思います。

言っている自覚すらない方も多いと思います。

子供は学校の先生はもちろん、親にだってこんなことを言われたら相当ショックを受けます。

傷つきます。

ぜひ自分の子供への対応が、子供をどれだけ傷つけているか、同じ発言を他人がしたらどう思うか、よく考えて接してあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書