日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

親がイライラするのを防ぐ方法

一緒にお絵かきをする親子

なぜ親はイライラするのか

「疲れて勉強できませんでした」

お母さん

「『疲れて眠くなるから勉強できない』と言い訳ばかりして勉強しません。確かに運動部なので疲れているとは思いますが、みんな疲れているはずです。所詮言い訳に過ぎないと思っているのですが、何とかなりませんか?」

中1男子のお母さん

まぁ珍しいことではありませんよね。

運動部に入っていると、一度は耳にする言い訳です。

文化系でも吹奏楽部などの音楽系や演劇部は大変な事が多いですね。

今はコロナで部活自体の活動が減っていますが、不思議とこの言い訳に関する相談は減っていません。

ということは、やはりただの言い訳ですね。

結局どんな理由にせよ、できない言い訳を並べる子は、できないのではなく、しないのです。

いくら言った所でやるようにはなりません。

する気がないのですから。

子どもの言い訳あれこれ

今回は視点を変えて、親の自己満足を満たしてイライラを防ぐ方法です。

まずは子どもの視点から見てみましょう。

塾生

「夏休みだっていうのに朝から部活で帰りは夕方、帰って来たかと思ったら、飯食って塾に行って夜まで勉強。これでいつどこで勉強しろって言うんじゃーーー!!!」

この言い訳は実際に子どもがしていたものです。

コロナになる前のセリフなので、夏休みが大変だったのは事実です。

もっとも今はコロナ騒ぎで学校も休みなのでできるはずですが、それでも子どもはこう言い訳します。

塾生

「友達と遊ぶ約束があるから勉強できませんでした。」

そもそも休校は学校が休みなだけであり、休勉ではありません。

遊びに行ってしまうのは子も親も問題外です。

しかし現実には学校の休校中に遊ぶことを認めていた親が多いですね。

確かに急な休校で、学校の先生もやるものを用意できなかったという問題はありますが、子どもの言い訳をそのまま飲んでしまうようでは子どもを伸ばせる見込みはありません。

もちろんちゃんと戦略的な意図があっての承認なら問題ありません

塾生

「親と出かけるから勉強できませんでした。」

親と一緒に時間を共有するのはいいことです。

しかし、だからといって勉強する時間が取れないということはないはずです。

取れるのに取らない

その言い訳のダシに親が使われている状態はよくありません

勉強するなら、出かけるのは今度にして勉強頑張ろう!

とでも言って、勉強時間が取れないことの言い訳にはさせないようにしましょう。

塾生

「寝ちゃってできませんでした」

確かに寝てしまったら勉強できません。

寝るのがいけないとも言いません。

しかし、本当に疲れて寝てしまうのと、ダラダラしていて眠くなるのとでは雲泥の差です。

この場合、結局疲れていなくても寝てしまいますので。

結局どんなパターンでも同じですが、一日中できないなんてことはなく、時間は取れるはずなので、それで勉強できないなんて単に甘えでしかありません

なぜイライラするのか

さて、お子様は受験生ですか?

受験生ではないのなら、別に無理に勉強させなくてもいいじゃないですか。

なんで勉強させたいんですか?

え?

無理させてるつもりはない?

ならとりあえずやっている姿を見せてもらえばいいだけじゃないですか(・∀・)

簡単ですよそんなの(笑)

大体親がイライラして怒るポイントというのは、

  • 宿題が終わってないのに遊んでいる。
  • いつまでもだらだら寝てる
  • テレビやゲーム、スマホばかりしてる。

の3つがほとんどです。

ならば!

言われないようにしてもらえばいいのです。

  • 宿題だけは必ず終わらせる。
  • 朝はなるべく親よりも先に起きて勉強するかご飯を作る。
  • テレビやゲームは連続1時間までにする。

え?

こんなの言ったってやらないって?

それは言ってないからやらないんです。

もしくは他に言いすぎだからやらないんです。

上記を頑張って欲しいと思うならば、上記の内容のみに特化して話して下さい。

そしてそれだけ守れば何も言わない事も約束して下さい

そうすれば「勉強しなさい!」って言う必要がなくなりますよ。

朝勉強するだけで親の印象は良くなる

ここから先は、子どもへの提案なので、受け入れてくれるようにうまく話さなければなりません。

もしうまく話せれば、その後は精神的にかなり楽になるでしょう。

まず塾の宿題について。

塾の宿題はその都度終わらせるしかありませんが、実は大して量がない所がほとんどですので、どうしても家でできないなら、塾にいる間にやってしまうのがいいでしょう。

朝の勉強時間は親が起きてくるまでで構いません。

例えば親が朝6時に起きるならば、子どもには5時50分には起きてもらってすぐさま勉強を開始。

6時10分に親に挨拶して勉強をやめて着替えるなりシャワーなりの行動に移れば、勉強時間は10分程度確保できます。

でも親であるあなたはいつから勉強を始めたのか知らないので、10分以上勉強しているように錯覚できるのです(笑)

いいじゃないですか、勉強している様子が見られればいいだけなら、それで結構満足できますよ!

ちなみにこの方法、塾生にも教えるの事があるのですが、ほとんどの親が電話すると

お母さん

「いつも私よりも早く起きて勉強しているんですよ!今まで全く勉強しなかったのに、信じられません!」

とかなりの好印象!

非常に満足度が高い事は実証済みです(・∀・)

親の行動に合わせて行動を変える

テレビやゲーム、スマホは1時間以上しているから、親には見だらだらしているように見えてしまうのです。

なぜか。

なぜなら、親が1時間以上も連続つきっきりでしなければいけない事って何かありますか?

ないでしょう?

あってご飯を作るときぐらいです。

だから自分が2~3個何かをしている間、ずーっと同じ事をしているわが子を見ると「だらだらしている!」と感じてしまうのです。

そのため、

お母さん

「私が洗濯物干す間だけならいいよ」

とか、

お母さん

「ご飯作ってる間だけならいいよ」

という形で、区切りを明確に示し、 親のやることが終わると同時にやめてもらいましょう!

もしどうしても1時間以上見たい、やりたいようならば、親も一緒になって楽しむようにしましょう(笑)

親が一緒になって楽しむと、子供も親近感が湧いて言う事を聞きやすくなりますしね。

親としても子供が何を楽しんでいるのか共有できていいと思いますよ。

仮にそうはならなくても、ウザがって親がいる目の前ではやらなくなります(笑)

イライラの原因を明確にして排除する

目の前で見ている子どもの様子にイラつくのならば、それをやめてもらうように工夫するだけなので大して難しい事ではありません。

ただ、それをやめさせたところで本質的な解決にもならない事も理解しておきましょう。

もちろん上記の方法を応用して好転させる方法もあります。

親が子どもの様子でストレスを抱えてしまってしょうがないと言う場合は、ぜひとも実践して見て下さい。

ストレス軽減には非常に効果がありますので。

しかし成績を上げたいと考えている場合は、もう一工夫しないとうまくいかないのでやめた方が無難です。

私が言いたいのは、目の前で子どもがやっている事に対してイライラをぶつけるのは賢明ではないと言う事です。

とりあえずその原因を取り除くだけでも、一応あなたのストレスは軽減されますよ、というだけです。

それでもまた新たに別のストレスが出てくるようなら、それは結局子どもが自分の期待に応えてくれないこと自体がストレスになってしまっているのです。

その場合、自分の自己満足のために直接言うのではなく、どうしたらこの子はやるようになるのか?

それを考えてあげる必要があります。

とはいえ、我が子のこととなると冷静に見られないのが親。

そういう場合は、私が第三者として家庭環境に合わせたアドバイスを致しますので、手遅れにならない内にご連絡下さい(^^)/

アドバイスするコールセンターの女性のイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書