日本初!勝手に勉強する子ができる塾

一般的な中学生の学習時間と学習法についての統計

勉強中の生徒

一般的な学習時間

内閣府が実施する青少年のインターネット利用環境実態調査,Benesseが実施する学習基本調査・子どもの生活実態基本調査というものがあります。

今回はこれら平成30年のデータを元に、一般的な中学生の学習状況についてお話し致します。

中学生の平日学習時間

30分以内:26.7%
2時間未満:34.4%
2時間以上:35.3%

このデータは中3も含まれているので,おそらく2時間以上は中3でしょう。

よって中1,2の勉強時間はほとんどが30分以内となります。

また,2時間未満との2極化も進んでいるようです。

中学生の休日の勉強時間

ほとんど勉強しない:25.6%。
30分以内:11.6%。
1時間以内:15..4%。

つまり,1時間以内の人が半数以上ということです。

そしてなんと4時間以上勉強している人はわずか4.0%にとどまります。

中3も入れてこれですから,放っておいたらいかに勉強しないかがよくわかります。

勉強の仕方

プリントや問題を解くだけ:74.1%。
英単語を繰り返し書いて覚える:73.5%。
調べ学習する子:14.1%です。

つまりみんなひたすら解いたり書いたりして勉強するものだと思っているのですね。

このブログを読んでくださっている方はもうお分かりだと思いますが,PHIの勉強法はこんなやり方ではありません。

調べ学習がメインです。

家庭学習で調べ学習ができないとなると,ほとんど暗記しているようなものなので,いかにみな危険な勉強をしているかがよくわかりますね。

テレビの時間

毎日4時間以上:約40%
30分以内:約10%

携帯,スマホの保有率

小学生:56% (ネット利用:86%)
中学生:76% (ネット利用:95%)

この中には所有者が子どもとなっていない,つまり親のものを借りている子は含んでいないと考えられるため,親や兄弟のものを借りて,ほとんど全員が何かしらの形でネット環境を利用していることになります。

使用時間

小学生 2時間以上:39% (平均118分)
中学生 2時間以上:61% (平均164分)

以前は勉強時間が多い子程,携帯やスマホの使用時間が短い傾向がありましたが,最近はネットを利用して勉強する機会も増えてきたため,必ずしもネットを使っている子の学力が低いとも言えなくなりました。

ただし,依然として勉強時間をテレビやネットに取られている子の学力が低いことには違いありません。

あくまで勉強にネットを使っている場合はデータ通りではない,ということです。

もちろんPHIの子たちの勉強時間はこれより断然多くなります。

中3で休みの日は9時間~14時間はみなやっています。

中にはやはり部活中心の生活をしてきた子が未だに勉強時間を取れないケースもありますが,概ね平均よりも時間を取って勉強しています。

単純に勉強時間だけ多ければ良いわけではありませんが,目標とのかい離があればあるほど,勉強時間の確保は必要となります。
また,確保した勉強時間で何を勉強するのかも重要です。

さて,お子様はいかがでしょうか。

平均よりも勉強していそうですか?

もし平均よりしていない場合は,本人に気付かせる形で話してあげて下さいね。

PHIではLINEやインターネットを通じて指導も行っています。

家での勉強をサポートしますので,断然効率が上がりますよ(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書