日本初!勝手に勉強する子ができる塾

Z会やチャレンジの子は頭がいいのはなぜ?塾信仰の大きな誤解とは?

Z会のロゴ

塾に通っていないから伸びる

ファイでは塾に通っていない子にも学習法診断を実施しています。

そこでよく耳にするのが

「チャレンジや進研ゼミ、Z会といった通信教育しかやっていないのに、常に成績上位者がいる。」

という話。

子どもにもよく、

「塾に行ってないのに頭がいい人がいるのはなぜですか?」

と聞かれます。

しかしこれ、不思議でもないし、当たり前の事なのです。

むしろ塾に行っていないから成績が伸びると言っても過言ではないでしょう。

どういう事かといいますと、

そもそも勉強はどこですべきものなのか?

という事です。

塾に通わせている子は、週何時間ぐらい塾で勉強していますか?

家にいる時間とどちらが長いですか?

塾に通っている子は、塾に通っている時間が勉強時間になります。

ところが、家に帰るとリラックスモードになる子も少なくありません。

よって家での勉強の質は、塾での勉強の質には及ばないのです。

ところが、オンライン授業や通信教育などで、家で勉強することが当たり前になっている子は、家が勉強するスペースとなります。

つまり同じ家でも場所によって、ハッキリとモードを切り替えられるのです。

よって塾に行っていない分、質の高い勉強時間を多く確保できるため、成績がいいということです。

塾に通うと自己管理能力が低くなる

塾というのは、ここ30~40年で一気に発展して、今ではかなりシステマチックかつ効率的な管理ができるようになりました。

そして自分が子どもの頃に塾に通っていて、お子様を塾に通わせる世代も出てきています。

これが何を意味するかお分かりですか?

そう、養殖教育のサイクルが完成したということです。

塾は手取り足取りサポートしていくことで、塾がなければ勉強できない子ども達を作り出す

こうして卒業していった子ども達が親になり、塾に行くのが当たり前だと思い、子どもを塾に入れる。

子どもは勉強のやり方を学ぶ機会を得られないまま、結局塾がなければ勉強できない状態になる。

与えられたものをやるだけなので、自分ひとりでは何をやればいいかわからなくなるんですね。

だから塾に入れても勉強できないのです。

やればいいというものでもない

「でも私も通信教育をやっていたけれど、全然伸びなかった。」

そうですね。

通信教育はやればいいというものでもありません。

通信教育をちゃんとやっている子が伸びるのです。

やっていない子は伸びません

結局何をやっているか、ではなく、どうやるか、で決まるのです。

やり方が悪ければ通信教育でも意味がないのです。

つまり、塾に行ってないのになぜ成績がいいのか、というよりも、

塾に行っているから成績が伸びない!

家庭学習ができていないから伸びない!

とも言えるのです。

実際チャレンジやZ会といった通信教育はよくできていますよ。

もちろんメリットあり、デメリットありですから最高の教材だとは言いませんが、ちゃんと自分でやれれば最高の教材です。

塾に行かなきゃ成績が伸びない、というのは、バブル世代とその子世代が塾全盛期の時代に植え付けられた迷信なのです。

ファイが勉強のやり方を第一にして教えているのも同じ理由です。

家庭学習こそが成績を伸ばす最大のポイントだからです。

塾に来ても、本的には家でできる勉強のやり方を中心に教えます。

同じことを家でもできるようになれば、成績の伸びにつながりますからね。

さて,残りの期間をどのように受験に持って行きますか?

今のまま強引に押し進みますか?

まだ何とかなると思っていると、あっという間に入試が始まってしまいます。

まだ何とかなるのは、勉強法が整っている子だけです。

お子様の現状をよく見て判断してあげて下さいね。

根本から改善したいという方は早めにファイへご連絡下さい。

勉強法の改善は一朝一夕でできるものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書