日本初!勝手に勉強する子ができる塾

2021年4月の時事問題・親向けの解説

新聞とスマホから時事問題を学ぶイメージ
新聞とスマホから時事問題を学ぶイメージ

ファイの時事問題の特徴と使い方・注意点

四谷大塚の全国大会出場者を始め、サピックス日能研といった中学受験、高校受験の進学塾上位の子、及び保護者が多数利用しています(≧▽≦)

単純にテストに出る所を押さえたものではなく、親子で話題にするだけで子供が賢くなるネタ、ポイントを紹介

必要のない部分、細かい数字は極力減らし、小学生・中学生でもわかりやすい簡単な言葉で印象付けしておくことで、関連事項が押さえやすいようにまとめています。

また、中学受験対策・高校受験対策・定期試験対策としても使いやすいように、重要度を★マークで表示。

マークの意味

☆:それ自体に時事性はないが、周辺事項を押さえておいた方がいい。
★:それ自体に時事性があるもの。

星の数が多いほど重要なことを表します。

覚えるためではなく、考えること、調べることを通して学力全般に通じる力を養うことを目的としています。

親子で話題にし、子どもが自分の考えを持てれば十分なので、テストにしたり、わからないことを責めないように!

確認用のオンラインテストも用意しています。
登録不要ですぐにチェックできます(^O^)

 ⇒ 時事問題 確認用オンラインテスト(2020年版)

 ⇒ 時事問題 確認用オンラインテスト(2021年版)

2021年4月の時事問題

新年度から変わるもののまとめ

4月1日:★★★

4月から法改正や経済の状況によって以下のものが変わる。

  • 消費税の総額表示(税込み表示)
  • 国民年金、厚生年金の引き下げ
  • 介護保険・障害福祉サービスの料金引き上げ
  • 薬価引き下げ
  • 70歳までの就業機会確保の努力義務
  • 中小企業でも同一労働同一賃金
  • 産後ケア利用料非課税
  • 食用油の値上げ
切替先生

総額表示(税込み表示)はこの中で一番身近な変化なので、時事問題にもなりやすいでしょう。このとき、総額表示のメリット、デメリットについても考えさせておきたいところですね。

国民年金、厚生年金の仕組みは難しいので、深く扱う必要はないのですが、どこからお金が出ているのか、どうして引き下げることになったのかは教えてあげるといいでしょう。

総額表示のメリットは、客が実際に支払う額が提示されるため、金額に対してイメージが湧きやすくなるということ。デメリットは変更したばかりの時は、値上げしたかのように感じやすく、買い控えにつながりやすいこと。また、税額がどれくらいなのかがわからなくなるため、税率を上げやすくなるということ。現にガソリンは以前から総額表示になっていますが、あの金額の内、いくらが税金として取られているかわかっている人は少ないでしょう。

国民年金、厚生年金は、若者が働いて稼いだ分から出ています。ところが、現在の日本では少子化が進んでおり、年金を支払う人が減っています。すると国民年金、厚生年金として確保できる財源自体が縮小していきますが、逆に高齢化により年金で負担するべき高齢者が増えてしまい、今までの支給額ではやっていけなくなったという訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書