日本初!勝手に勉強する子ができる塾

親も前の塾の先生も偏差値ばかり気にしてた。でも切替先生だけは一蹴した。

合格通知

受験の天王山で何をするか

いよいよ入試に向けての天王山!

という訳で、ファイでも本格的に受験対策を始めております。

受験戦略は塾により様々ですが、ファイの受験戦略のメインは「過去問」です。

ファイの場合、中学受験も高校受験も、ほとんど夏に、遅くとも秋には受験までに必要な学習内容を終わらせてしまいます。

そのため、夏の間は単元を先行して実施するのと、入試問題にて復習をしていくのとを併用し、秋から受験までは、過去問中心に実戦演習となります。

「普通じゃないか。」と思ったあなた。

その通り。

普通です。

しかし、これが普通だという認識があるのなら、これも普通だと思って下さい

過去問(実戦演習)でどれだけ伸びるかは、夏前に勝負がついている。

お分かりになりますか?

秋に過去問をやるのは普通なのです。

過去問でなくても、入試問題で入試レベルの演習をするのは普通なのです。

みんなやっているのです。

ではどこで差がつきますか?

過去問(実戦演習)のやり込み!

それ以外ないでしょう?

最後の模試で大逆転した秘密とは?

これはファイの小学生(中学受験生)の過去問ノートです。

中学受験生の過去問解き直しノート

お子様のノートと比べていかがですか?

この子はテストをやって、間違い1問に対して

  • 自己分析
  • ポイント
  • 周辺事項のまとめ

を行っています。

時間がすっごくかかります。
根気もいります。

でもこの子は全科目ビシッとやってきました

結果、志望校20%未満の判定から、最後の模試ではとうとう80%合格圏内まで急上昇

しっかり第一志望より上の学校へ合格していきました。

この勉強法を身に着けるチャンスが夏なのです。

秋からでも遅くはありませんが、夏にできるようになっている子の方が圧倒的に有利なのです。

ちなみにこの子の判定は、受験直前の最後の模試まで20%未満のままです。

偏差値がいくつだったのか、なんてあまり関係ないんですよ。

どういう勉強の仕方を学んできたか、が秋以降の勝敗を分けるのです。

これをわかっていない親が本当に多い。

偏差値を取るよりも重要なことを学べるか

受験前の最後の夏休み。

この時期はやることが沢山あります。

そのため、「やらなきゃやらなきゃ!」となって、1つ1つが理解不十分、もしくはやりっぱなしになっていきがちなのです。

ところが、このレベルまでやり込める子は、自分に必要なものと必要ではないものを自分で振り分けられます

なぜなら普段から自己分析していますから。
自分が出来ない所なんて百も承知なのです。

自分でわかっているからそこに集中できる。
だから受験直前にガンガン伸びるのです。

この子は卒業後にこのように話してくれました。

「お母さんも他の先生も、ずーっと偏差値ばかり気にしてた。でも先生だけは『そんなものどうでもいい。』って言って成績については一切怒らなかった。最初は『気にしないと受からないじゃん!』って思って焦ってたけど、『お前も、親も、今まで教えてくれた先生も、偏差値ばかり気にしてきて、お前の成績は上がったのか?』って言われて、凄く悔しくて泣いたんですよ。先生の言った通りに勉強しても全然成績上がらないままだったし、『この先生なんなの?』ってずっと思ってたんですよ。しかも最後の模試で一気に伸びて80%の判定取ったのに、『お前、模試で成績取れて満足なの?』って言われたし。『はぁ!?少しぐらい褒めてよ!』って思ったけど、先生は本当に模試の成績なんてどうでもいいんだって思って、ちゃんと私の中身を見て教えてくれてたのは先生だけかもって思った。先生が言った通り、模試の成績なんて取れなくても受かったし、中学も高校もついて行けなくて大変なんてこともなかったし、物事の本質を見極めるって大切なんですね。」

上を見る女の子

時間の確保はやはり必要

そしてもう一つ。

夏が重要な理由。

それは、秋以降やり込む時間を確保するならば、時間は確保する訓練をしなければ、確保できるようにはならないからです。

よって、夏までにやれ習い事だ部活だ疲れただのといって勉強をおろそかにしている子は、この時期に勉強時間を確保できないのです。

とても大切な事なので、言葉を変えてもう一度繰り返しますね。

秋以降伸びるかどうかは、その前の時点で既に決まっています。

夏までにどれだけ勉強時間を確保できたか、どれだけ正しい勉強のやり方を身に着けられたか、で決まっているのです。

淡い期待をしても、伸びる要素を持たない子は伸びません

受験生前半で大切なのは、模試で成績を取ることではなく、受験へ向けての布石を打てるかどうか、なのです。

来年以降受験を控えている保護者の皆様は受験の夏までまだ時間があります。

しかし時間の使い方を身につけさせるには1年は短いものです。

受験直前の秋にドタバタしてるような子は大して伸びません

根拠のない期待をいくらしても、これが受験の現実なのです。

よく覚えておいて、このままでは伸びなさそうな気がしたら、迷わずファイへご相談下さい。

既にあと半年切っているならなおさら。

今のまま受験に突っ込んで終わらせるか、進学後への布石を残して終わらせるか。

冷静に、よく考えて下さい。

そして布石を残しておきたいのならご連絡下さい。

どうすれば布石を打てるのか、あなたのお子様にはどうするべきなのか、今あなたがするべきことを、お話致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書