日本初!勝手に勉強する子ができる塾

蘇我教室の社会の授業「世界恐慌は歴史じゃなくて経済」

喜ぶ女性

教科書に書かれていないところが面白い

世界恐慌とは何か。これは教科書にも一応載っているのですが,本質的な所が抜け落ちていて概要のみになっているため,テキストに沿って普通に勉強すると何が何だかわからなくなるところ。今回は蘇我教室中学受験生中2中3が社会の授業を受けましたのでその内容を紹介。まぁ毎度のことながら,「授業受ける?」と聞いたら,「受ける」というのでこのメンバーに。中学受験生(小学生)なんて全然わからないのでは?と思うかも知れませんが,そんなことないんですね。PHIではいつもこんなことばかりやっているというのもありますが,世界恐慌ぐらいの歴史なら割と現在にも直結している話なので,ちゃんとつないであげればイメージしやすいのです。そのため小学生でも中学生に負けないぐらい発言と質問をしてきました。ここでは子どもから出た質問をベースに,子どもは何がわからないのかをお話しましょう。

世界恐慌で押さえるべきテキストには書かれていないポイント

まず世界恐慌がいつ起きたのか,ですが,第一次世界大戦と第二次世界大戦の間です。そして第一次世界大戦の関係国であるドイツイギリスフランスと,傍観者であったアメリカが大きく絡んできます。

教科書ではこの部分が書かれておらず,「アメリカのウォール街で世界恐慌が起きて,世界中が大不況になった」という説明で終わってしまいます。これだと丸暗記になってしまうんですね。押さえるべきポイントは以下の通りです。

  • ウォール街とは何か。
  • 世界恐慌の発端となった出来事は何か。
  • どうして世界恐慌にまでつながったのか。
  • そもそも株ってなに?
  • その結果何が起きたのか。

です。

世界恐慌のノート

ウォール街って何?

ウォール街のウォールとは,その名の通り「」です。オランダ東インド会社が現在のニューヨークに来た時,インディアンやイギリス人と度々対立したことから,壁を建設していた場所。そこで材木の取引を行っていたことをきっかけとして,証券の取引へと発展していきました。現在の証券取引はスマホでもできてしまうため,株の現物を見たことがないと言う人も多いと思いますが,当時は実際に現物を使って取引していたんですね。子ども達はそれも知らないため,ウォール街で世界恐慌が起きたというのがピンとこないのです。

世界恐慌の発端となった出来事って?

これも直接的に書かれていないテキストが多いため,突然発生したみたいな感じで覚えている子も多いのですが,発端となったのは第一次世界大戦です。第一次世界大戦でドイツが負け,賠償金を支払わなければならなかったけれど,支払うための産業がない。そこでアメリカがドイツにお金を貸し,ドイツはそのお金で工場を作って儲ける。するとイギリスやフランスに賠償金を払える。イギリスやフランスは第一次世界大戦の時にアメリカから武器や兵器を買うお金を借りていたので,ドイツの賠償金の中から返済する。アメリカはドイツからもイギリス,フランスからもお金をもらえて儲けられる!はずだったのですが,アメリカが急成長したきっかけの産業は兵器や武器だったんですね。戦争が終わってしまえば売れなくなるため,ドイツに貸し付けるお金(資本)がなくなった。ということは,ドイツも賠償金を払えず,イギリスやフランスもアメリカに返済できない。この負のスパイラルでアメリカ経済は急降下してどん底まで落ち込むのです。

というわけで,世界恐慌の発端は第一次世界大戦後に兵器や武器が売れなくなったから,です。

どうして世界恐慌にまでつながったの?

お金が入ってこない流れを止められなかったからです。

アメリカの会社は売る予定だったものが売れなくなるだけではなく,返ってくるはずだった貸したお金も返って来ない状態になりました。そのため会社は給料を払うことができずに従業員を解雇。従業員を解雇すると商品を作れないだけではなく,開発も販売もできなくなり,さらに売り上げが減少。結果的に倒産となるわけです。この代表的な倒産がGM(ゼネラルモーターズ)です。この会社はアメリカでも最大級に大きな会社で,つぶれることはないと言われていた会社でした。そのため安心して株を買う人が多かったのですが,この不景気の流れを受けてあっという間に倒産。それにショックを受けた人々が,他の会社もつぶれるかも知れないと思って,次々と株を売却。株を売却されると,その会社は新たな事業ができないため,次第に売り上げが減少し,倒産。これがアメリカ国内で連鎖倒産となりました。

この状態に驚いたのはアメリカだけではなく,アメリカと関係を持った国々。自分の所も不景気のあおりを受けまいとして,各国が様々な経済対策を打ち出します。しかしそれがさらに不安に拍車をかけて,世界中に不景気の波が押し寄せました。

そもそも株ってなに?

株と言うのは,応援したい会社に資金を提供した時にもらう引換証みたいなものです。例えばディズニーランドを応援したいから,ディズニーの株を買うことにします。正確にはディズニーの株というのは日本ではオリエンタルランドという会社になるのですが,知らない子からしたらわかりにくいため,ディズニーということにします。値段も細かい数字を気にするとわけわからなくなるので,適当な数を使います。

ディズニーを応援したくて株を1万円で買ったとします。すると買った人にはディズニーに入るためのパスポートが1年間に1枚送られてきます。今は1DAYパスポートが7千円以上しますから,1万円出して株を買って,毎年1枚無料で来るなら,2年で元が取れる計算になります。ところが株の場合はそういう計算ではなく,みんながどれだけ応援したいと思っているかで金額が変動します。例えば,アラジンの映画効果でディズニーを応援したいという人が増えた場合,株の数には限りがありますから,より高い値段をつけてくれた人に株を買ってもらうわけです。そうして株に10万円の値段がついたとしましょう。このときにあなたが1万円で手に入れた株を誰かに売れば,あなたはパスポートをもらいながら,9万円も得することになるのです。

ところが株は逆のことも起きます。例えばディズニーブラックバイト問題が多発しているので,もう応援したくないな,という人が増えた場合,株は売られていきます。するとディズニーとしては何とか買って欲しいため,値段をどんどん下げていくんですね。しかしそれでも売れなかった場合,ディズニーはそのお金で新しいアトラクションを作ろうとしていたわけですから,新しいアトラクションが作れなくなります。すると何回行っても同じことばかりとなって飽きられてしまい,次第に売り上げも低迷。設備を綺麗に保つこともできなくなり,さらに入場者数も減少。すると売上が下がっていき,倒産してしまいます。

この辺は経済の基本的な考え方になる部分なので,実際に身近なものを使ってたとえ話から入ると理解しやすくなります。リアルなお金を使ってもいいのですが,よくわからないのであれば,金額は適当でも構いません。ちなみにPHIではリアルな数字を使い,実際に計算して見せました。数字がリアルなのでわかりづらくはなりますが,理解できさえすれば,その方が子ども達も興味があるので食いつくんですね。これが実感できれば経済はしめたものです。

世界恐慌が起きてどうなったの?

世界恐慌が起きて,お金を返せなくなったドイツヒトラーが誕生します。ヒトラーはそのカリスマ性からトップへ上り詰め,イギリス,フランスに賠償金を支払いたくても支払えないから,第一次世界大戦で手放すことになった工業地帯をもう一度ドイツに戻して欲しいとお願い。イギリス,フランスとしても賠償金が入ってこない事には自国もダメになってしまうことから黙認。結果的にドイツはそこをきっかけとして経済力を急伸させ,世界に喧嘩を売って第二次世界大戦へとつながっていきます。

世界恐慌は第一次世界大戦と第二次世界大戦の橋渡し的な事件なので,前後関係も踏まて関連付けておくと,この辺りの全体像が見えやすくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書