日本初!勝手に勉強する子ができる塾

文字式の文字が読めなくて間違える要因は早めに摘む:中1

ディズニーシーコロンビア号

受験にどう役立つ?

数学で最初からつまづく子に多いのが,文字が読めないことによりミス。

このミスが多発することで,やる気をなくし,そのまま数学が出来なくなる子も少なくありません。

そんな一例を紹介致します。

zは2と間違えやすい

文字式におけるzは2と間違えやすいことが多いのです。

そのため,最初の段階からちょっとだけ工夫することを教えておけば,見間違いによるミスを防げます。

このようなケースですね。

この子の場合は幸い大きさを小さくしているので区別はつきそうですが,下の青ペンで修正した方のzは大きく,もう少し汚くなると2と間違えかねません。

そこでオススメな書き方は,zの真ん中にチョンと線を入れておく,もしくは上の部分を反らして書く,といった2とは明確に区別できる何かを習慣化させていきます。

字が汚くて間違えるのは,放置した結果

よく字が汚くて間違えるという話を聞きますが,字が汚いというのは直してこなかった結果だとも言えます。

すぐには直りませんが,それでも言い続けなければならないのです。

どこかで痛い目をみれば治る可能性はあります。

そのため,根気強く言い続けるようにして下さいね(^^)/

PHIのLINE公式アカウント

友だち追加

タイムラインで子どもが賢くなる話題を流しています(^O^)
また,無料で【簡単質問】,【簡単相談】も受付中(^^)/

学習法指導塾PHI:学習法診断バナー
学習法診断についてはこちら
学習法指導塾PHI:オンライン教室バナー
オンライン指導(遠隔指導)についてはこちら
学習法指導塾PHI:トップバナー
蘇我教室西船橋教室オンライン教室
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

東京,千葉,埼玉を中心に独自の教育論,常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾,家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し,子供たちへ勉強のやり方の指導を初め,親への接し方の指導,セミナー活動,高校や大学での指導,塾や学校の先生などの教育者に対する指導,動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書