日本初!勝手に勉強する子ができる塾

自立と自律。何が違う?勉強に求めるべきなのはどっち?

綺麗な姿勢で勉強する女の子

自立と自律では指導方針が大きく異なる

自立と自律。

同音異義語というものですね。

自立は塾においてもPRとしてよく使われます。

しかしあまり意識せずに何となく「自分でできるようにする」ぐらいの解釈しか持っていない方も多いようです。

しかしこの二つは似ていて非なるものですから、教育方針を正しく理解する上でも重要です。

自立とは

自分以外のものの助けなしで、または支配を受けずに、自分の力で物事をやって行くこと。

つまり、自分でできるということです。

よく「子どもを自立させる」といった使い方をしますが、これは自分でできるようにさせる、という意味になります。

そして塾でよく用いられる自立教育というのは、大手塾のような一斉解説授業を廃して、自分で解説やビデオを見て勉強していくスタイルを指すことが多いでしょう。

最もどのくらい自分でできるようにするのかについては個々の解釈に委ねられています。

なお小学生、特に中学受験での自律学習はかなりハードルが高く、一見自立学習できているようでも中身が伴っていない事が多いのが現状です。

中学生でもごく一部の子ができるかどうかというところ。

平均ぐらいまでの子に自立学習は難しいと思っておいた方がいいでしょう。

自律とは

自分の気ままを押さえ、または自分で立てた規範に従って、自分の事は自分でやって行くこと。

つまり、できるかできないか、ではなく、自分に厳しくして行動に移すことを指します。

「子どもを自律させる」というように使う場合、言われてやるのではなく、自らできるようにする、という意味になります。

最もどのくらい自分に厳しくするかについては個々の解釈に委ねられます。

あなたが求めているのは自立?自律?

勉強で自立を使った場合、やりさえすれば自立したことになります。

そもそも勉強は自分以外にはできません。

つまり、勉強で自立を目指すということ自体おかしな話なのです。

しかしほとんどの塾で「自立した勉強」と書いてPRしています。

これは、塾業界が「他立した勉強」をさせていることに対しての自立に他なりません。

塾という存在がなければ勉強できない状態を作り出す

それこそが大手塾の狙いであり、中小塾がそれに対抗するために「自立」を打ち出し始めたのです。

ところがその中小塾が打ち出した自立も、大手のような手取り足取りの関与をしないというだけであり、結局塾のシステムを用いなければ勉強ができない「他立した勉強」。

結局勉強に対して、自立という言葉自体が詭弁なのです。

それに対して自律は自分で行動することから始まります。

自分に厳しく、自分で主体的に何をどう勉強するかを考えて行動に移す。

自立と自律は同音でありながら勉強においては全く意味が異なります。

そして自立を学んだ子と自律を学んだ子は、進学後の人生において大きな差を生んでいきます。

さて、あなたがお子様に求めているのはどちらですか?

自律を目指すのであれば、ファイで一緒に頑張りましょう(^^)/

自立学習という名の管理学習。自立学習で本当に自立できる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書