日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

英語は小学生の内からやっておいた方がいい?

オンライン英会話のイメージ

早期英語教育の必要性

英語は早い方がいい?

お母さん

「現在小学校3年生ですが、周りで英語の塾に通う子が増えています。私自身も英語に苦労したので、子どもには苦労させたくないと思っていますが、英語は早くから学ばせても意味がないという話も耳にしたので悩んでいます。先生は英語教育についてどうお考えですか?」

最近は小学校でも英語教育が行われるようになり、ちょっと街中を歩けばあちこちで英語が聞こえてきます。

中国語や韓国語のすら耳にする機会が増えてきましたね。

東京オリンピックを開催するとあって、外国語は普通になりつつあります。

そのため英会話を小学校の頃から習わせるご家庭もどんどん増えています。

特に埼玉県、東京都、千葉県は全国でもかなり多いようですね。

さて、果たして小学校のうちから英語は必要なのでしょうか?

英語楽しい

小学校でやる英語ってどんなの?

時代が違うためご存知ない方も多いようなのですが、小学校でやる英語は中学とは違います

簡単に目標の違いを説明しましょう。

小学生と中学生の英語の違い

小学校:英語に慣れ親しむ

中学校:基本的な日常会話が出来るようにする。

これについては、最初に小学校でも英語を導入すると決まった時に、何人もの学校の先生から

「突然英語の授業と言われても何を教えればいいものやら…」

と相談されたものです。

それぐらい目的ややることが曖昧な位置づけからスタートしたんですね。

なぜそんなことになったのでしょうか。

それもこれも中高生の英語嫌いが続出したためです。

誰のことかお分かりですよね?

そう、あなたたち、現在の親世代が子どもだったときの話です。

あの時の教育が全て失敗だったということはありませんが、今の国際社会に通用する英語教育はできなかった、ということです。

そのため、英語に抵抗をつくらない教育をしようと考えられました。

つまり英語に慣れ親しめて、好きだという感覚を植えつけられれば、小学校での英語教育は成功したも同然なのです。

英語は早いうちから習わせた方がいいの?

結論から言ってしまいましょう。

その必要はありません

本来の目的が慣れ親しむ事ですから、学校の先生が教える(巻き込む)のがうまければそれで十分です。

しかしながらどうしても学校という関係上、子どもがいい気分で勉強できないというのならば、習わせるのも一つの手です。

そしてもうひとつ。

周りの環境は意識してください

たとえば首都圏の場合、今や小学生の半数以上は英会話か英語の塾(公文を含む)に通っていると言われています。

この状況の中で英語を習っていなければ、遅れていってしまうのは目に見えています。

するとテストでも周りよりも点が取れずに英語嫌いになってしまう可能性もあるのです。

そのため、先行までしなくとも、遅れを取らないことが重要になります。

習わせるとしたらどういう所がいい?

英語教育には大きく3つあります。

英語教育の種類
  • 英会話中心
  • 入試英語中心
  • 自宅学習中心

英語に慣れ親しむという意味では英会話中心が一番オススメです。

友達と一緒にいったりすると楽しく勉強でき、英語を好きになる子の割合はかなり高いでしょう。

しかしながら英会話の最大の欠点は、単語が書けず、文法が適当になる子が多いということです。

やはり発音中心なので、書く必要があまりないためでしょう。

そのため、英会話教室に通っていた子は中1から勉強を始めた子よりも、単語や文法がはちゃめちゃな事が多いのです。

そしてもうひとつ。

昔取った杵柄(きねづか)はないと思ってください。

英会話と受験英語は全くの別物です。

勉強の方法も違えば、点の取り方も違います。

今後は国の方針も「使える英語」にシフトしていくため、従来の受験英語の割合は低くなっていくことが予想されますが、それでも0にはならないでしょう。

やはり全員を一律に評価するためには、ある程度ペーパーテスト、点数化が必要ですからね。

そのため、英会話である程度英語が読めるようになったら中1ぐらいからは受験英語も意識してシフトしていくようにしましょう。

楽しいからという理由だけで、英会話教室に通わせ続けていると、3年後に悲惨な結果を招きかねません

英語ができるようになる確率

小学生のうちに英検3級以上を持っていて、中3受験の時に英語が得意になっているかどうかは五分五分です。確かに英語が得意になっている子もいますが、半数は全くできなくなっているのも事実なのです。

また、中学受験と英語の習い事の両立はかなり厳しいので、昔から続けているとかではない限りやめておきましょう。確かに小学校の英語で差はつきますが、中学受験を経験してきた子ならば、その程度の差はすぐに埋められます。

結論

以上のことをまとめると、次のようになります。

早期英語のまとめ

やるやらないは子どもに任せましょう!

中学受験との両立はやめておきましょう!

小学生ならば英会話がオススメです。

中学校に入ったら受験英語の勉強にシフトしていきましょう!

小学校で英語が好きになれれば成功です。欲は出さないように!

ファイでは小中学生の子どもを持つ親のサポートを実施しています。

英語教室を最大限に活かすためにはどうすればいいか、今の勉強が中学校へ進学しても通用するのか、アドバイスしています。

ぜひご利用下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書